• 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

特別支援教育の広場

  • 指導資料
  • 文科省関連資料
  • 研究会情報
  • 2016年4月8日 小  指導資料  英語 
    小学校英語と特別支援教育(1) “みんなにわかる”外国語活動を目指して お気に入りに追加

    この連載では,特別支援教育の視点や指導の工夫と同時に,通常学級で実施できるユニバーサルデザイン(以下UD)の工夫についても考えて行きたいと思います。
    UDとは「できるだけ多くの人が利用可能なデザイン」が基本的な考えであり,道路での目の見えない人のための点字ブロックや,日本に来る外国の人向けに公共施設の案内に文字だけではなく絵文字を用いるなど,対象とする人のニーズを想定し,より多くの人にアクセスしやすい工夫が行われています。学校においては,施設全体や設備などのハード面に加え,授業のカリキュラム構成を含む指導に関するソフト面でこうした配慮を取り入れていくことが求められています。

    神戸山手短期大学准教授 村上加代子

  • 2016年4月1日 小 中  エッセイ  特別支援教育 
    ●保護者から 特別支援学校ミュージカルに込めた祈り~命輝く,まごころの絆~ お気に入りに追加

    教室の窓「小学校・中学校 教育情報」Vol.48(2016年4月発行)より。作曲家である筆者は2015年度に,特別支援学校のミュージカルをプロデュースした。ミュージカル当日を迎えるまでの生徒たちの様子や,生徒の一人が書いた詞,そして筆者の生徒たちへの思いを紹介する。

    松山市小中学校PTA連合会顧問 中村和憲

  • 2016年1月20日 中  実践事例  特別支援教育 
    一人一人の教育的ニーズに応じた校内支援体制づくり お気に入りに追加

    本校では、学校経営案の重点目標に「特別支援教育体制の充実」を挙げ、「一人一人の教育 的ニーズに応じた校内支援体制づくり」を課題に、通常学級と特別支援学級の交流・弾力的運 用の推進と発達障害のある生徒への支援の充実・小中一貫を意識した活動に取り組んでいる。本校での、実践を紹介する。

    埼玉県 公立中学校

  • 2016年1月5日 小  実践事例  特別支援教育 
    インクルーシブ教育システム構築事業モデルスクールによる実践~ 合理的配慮の実践の取り組みから ~ お気に入りに追加

    本校では平成25~27年度にかけて、文部科学省のインクルーシブ教育システム構築事業のモデルスクールを受け、障害のある児童一人一人の合理的配慮について検討するとともに、学校全体の体制づくりやだれもが分かりやすい授業を目指して工夫を考えた。その一端について紹介したい。

    調布市立調和小学校 校長 山中ともえ,調布市立調和小学校 蒲生 花子

  • 2016年1月1日 中  実践事例  技術・家庭 
    家庭科における学びのツールとしてのタブレットPC お気に入りに追加

    教室の窓「小学校・中学校 教育情報」Vol.47(2016年1月発行)より。ICT機器の導入が進んできており,教室だけではなく家庭科室でも電子黒板やタブレットPCを活用した授業が行われてきている。本稿では,筆者の家庭科の授業実践を紹介し,どのような工夫を行っているかを説明する。

    筑波大学附属聴覚特別支援学校中学部教諭 有友愛子

すべての資料をみる

すべての資料をみる

  1. 指定された情報はありませんでした。

すべての研究会をみる

その他の資料をご覧になる際には,「特別支援教育の広場」のバナーをクリックしてください。

  • 小学校「特別支援教育の広場」
  • 中学校「特別支援教育の広場」
  • 高等学校「特別支援教育の広場」