東書Eネット 先生のための教育資料データベース

  • 東書Eネットとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

新着資料・アクセスランキング

  • 新着資料
  • 資料アクセスランキング(前日)
  • 2017年2月24日 高 指導資料  数学 
    極値に関する条件から3次関数を決定する問題について お気に入りに追加

    係数や定数項が一部未定である3次関数について,極値をとるときの の値やそのときの極値を与え,その3次関数を決定させたり,残りの極値を求めさせたりする問題がある。f′(α)であることは,関数...

    山口県立岩国高等学校教諭 西元教善

  • 2017年2月22日 小中高 文科省情報  学校経営 
    新教育委員会制度の効果的な活用に向けて~地方公共団体の首長、教育長、教育委員からの提言集~ お気に入りに追加

    新教育委員会制度の効果的な活用に向けて~地方公共団体の首長、教育長、教育委員からの提言集~についてお知らせします。京都市、静岡県三島市、福島県磐梯町、埼玉県戸田市の提言です。

    文部科学省

  • 2017年2月22日 小中高 エッセイ  理科 
    連載コラム「かがくのおと」 お気に入りに追加

    「かがくのおと」にはふたつの意味をこめています。大学で科学にたずさわりながら記すノートでもあり,論文を書く澄んだ音,研究者たちと議論する熱い音,大学生たちに講義する静かな音,こうした現場の音でもあります。
    2017年2月22日 第97回「面接にのぞむ人へ」を追加。

    筑波大学数理物質系物理工学域教授
     白木賢太郎

新着資料一覧へ

  • 1位 2015年4月1日 小 教科書本文図版  算数 ICT活用 
    「新編 新しい算数」 デジタルコンテンツ(平成27-30年度用) お気に入りに追加

    平成27-30年度用「新しい算数」教科書に対応。
    プロジェクターを使った授業を想定して作成したデジタルコンテンツです。

    東京書籍(株) 算数編集部

  • 2位 2014年6月25日 中 カリキュラム  国語 書写 社会・地図 地理 歴史 公民 地図 数学 理科 英語 保健体育 技術・家庭 
    平成28年度用中学校 年間指導計画作成資料 お気に入りに追加

    平成28年度用中学校の年間指導計画作成資料。

    東京書籍(株) 編集局

  • 3位 2016年4月1日 中 その他  数学 
    平成28年度用中学校「数学」教科書Dマークコンテンツ お気に入りに追加

    平成28年度用教科書に掲載されているロゴ『Dマーク』に対応したデジタルコンテンツです。

    東書Eネット事務局

  • 4位 2015年7月21日 小 ワークシート  算数 
    算数 うでだめシート 1~6年 お気に入りに追加

    この「算数 うでだめシート 1~6年」は,教科書で学習した基礎的・基本的な内容を,問題場面で活用できるかどうかを,子ども自身が目的意識をもって確かめることができるように作成いたしました。東京書籍の教科書「新編 新しい算数」[平成27-30(2015-2018)年度用]をベースとして,どの地域のどの学校・学級でもお使いいただけるものとなっています。

    うでだめシート作成委員会

  • 5位 2015年6月22日 中 カリキュラム  数学 
    平成28年度用中学校「新編 新しい数学」年間指導計画作成資料 お気に入りに追加

    平成28年度用中学校数学の年間指導計画作成資料。

    東京書籍(株) 数学編集部

先週前日

特集/教育テーマ

研究会・イベント情報

教育・文化ニュース 教育情報

  • 教育・文化ニュース
  • 文科省情報
  • 教育界情報

文科省情報詳細へ

2017年2月号
 昨年末に中教審の次期学習指導要領の改善等について答申がありました。今後,新しく学習指導要領(案)の詳細が公表され,パブリックコメントを経て3月には告示の見通しです。
 今回の改訂は指導内容や指導時間数の変更のみならず,指導方法や学校の教育課程の編成に踏み込んだ箇所があり,その意味では学校モデルのつくり直しの改訂であるとも言われます。
 もともと教育課程の基準である学習指導要領は,学校教育の意義や役割を社会と広く共有し,学校経営の改善に必要な視点を提供するなどの機能を果たすものです。したがって,学校の教育課程の中に,何を重点にしてどのように組み込み,どのように指導の成果を上げるかなどという観点で,常にその内容を意図的に教育の実践につないでいかなければなりません。この意味で,カリキュラム・マネジメントを通した学校像の確立が期待されます。
 とはいえ,英語指導,特別の教科「道徳」,部活動の負担軽減,生徒指導の充実,高校での歴史総合の新設等々,とかく変更や新設があるときには,大きな戸惑いが生じるものです。それに,多忙な教職員に更なる負担がかかることも大いに気になります。
 やがて,次期学習指導要領の完全実施に向けた円滑な着地のための移行措置の内容が告示されます。まずは,今回の答申の内容を理解したうえで,少しずつ移行の準備に入りたいものです。

教育界情報詳細へ

  • 東書メール
  • 東書の情報誌
  • 全国の教育活動
  • 東書教育賞
  • フォトコンテスト
  •  
  • 東書WEBショップ
  • 東書KIDS
  • 東京教育研究所