• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

2年度用小学校教科書のご案内
2020年度用 高等学校 教科書・シラバスのご紹介
小学校年間指導計画作成資料
中学校年間指導計画作成資料
2年度用小学校教科書のご案内 2020年度用 高等学校 教科書・シラバスのご紹介 小学校年カリキュラム 中学校年カリキュラム
2年度用 小学校 教科書のご案内 ここから始まる新しい外国語教育 新教科「小学校英語」
「新学習指導要領」関連資料 指導要領 移行措置関連
指導要領 移行措置関連
東書の機関誌
学級経営の広場

新着資料・アクセス
ランキング

  • 新着資料
  • 資料アクセス
    ランキング(前日)

新着資料一覧へ

先週のランキングへ前日のランキングへ

特集

特集・教育テーマ

研究

研究会・イベント情報

教育情報

  • 教育・文化
    ニュース
  • 文科省情報
  • 教育界情報
  • 2019年9月13日 小中高 文科省情報 
    教育課程部会(第112回) 配付資料 お気に入りに追加

    今回配布された資料は、「令和2年度概算要求主要事項」「新学習指導要領全面実施に向けた小学校外国語に関する取組について」「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)【概要】」「国立教育政策研究所 松原総括研究官発表資料」「國學院大學 田村教授発表資料」「長尾主任視学官発表資料」ほかです。

    文部科学省

  • 2019年8月29日 高 文科省情報  英語 学校経営 進路指導 
    大学入試英語ポータルサイト お気に入りに追加

     2020年4月から、英語資格・検定試験を活用して、大学入試で英語の4技能を評価することを支援する「大学入試英語成績提供システム」の運営がスタートします。このホームページでは、受験生や高等学校、大学の教職員の方に、「大学入試英語成績提供システム」の目的や内容を理解していただけるよう、関係情報を整理し掲載しています。掲載情報は適宜更新しますので、積極的に御活用いただきたいと思います。

    文部科学省

  • 2019年8月5日 小中高 文科省情報  ICT活用 学校経営 学級経営 
    デジタル教科書の無償貸与による効果検証への参加校募集について お気に入りに追加

    【申し込みは令和元年8月6日(火曜日)からです。】文部科学省初等中等教育局教科書課では,今年度,学習者用デジタル教科書の効果・影響等を把握・検証するため,「デジタル教科書の効果・影響等に関する実証研究事業」を実施しています。その一環として,教育課程の全部において紙の教科書に代えて学習者用デジタル教科書を使用できる,視覚障害や発達障害等の障害,日本語に通じない等の事由がある児童生徒に,教科書発行者から協力を得て,一定期間無償で学習者用デジタル教科書を貸与し,学習者用デジタル教科書の効果検証を実施いたします。

    文部科学省

  • 2019年8月1日 小中 文科省情報  国語 算数 数学 英語 学校経営 学習評価 
    『平成31年度(令和元年度) 全国学力・学習状況調査 調査結果』を公表しました。 お気に入りに追加

    掲載されている資料は、「平成31年度(令和元年度)全国学力・学習状況調査の結果(概要)」「平成31年度(令和元年度) 全国学力・学習状況調査 報告書」「平成31年度(令和元年度) 全国学力・学習状況調査【小学校】調査結果資料」「平成31年度(令和元年度) 全国学力・学習状況調査【中学校】調査結果資料」「平成31年度(令和元年度) 全国学力・学習状況調査【都道府県別】および【指定都市別】調査結果資料」です。

    国立教育政策研究所

  • 2019年7月29日 小中 文科省情報  学校経営 
    新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会(第2回)・教育課程部会(第111回)・教員養成部会(第107回)合同会議 配付資料 お気に入りに追加

    今回配布された資料は、「小学校等における教科等の担任制の実施状況について」「松尾委員 資料」「香美町教育委員会 資料」「横浜市教育委員会 資料」「神野委員 資料」「毛利委員 資料」「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会(第1回)(令和元年6月27日)における主な意見」ほかです。

    文部科学省

文科省情報詳細へ

2019年9月号
 去る7月18日,京都アニメーションの社屋がガソリンで放火され,アニメ―ターなど35人もの死者が出た事件は,まことに悲惨でした。あれから1か月以上も経た今でも,遠くから現場に駆けつけ,花を手向けて手を合わせる若者たちの姿が絶えないといいます。
 「ここの作品は,今まで私の心の支えとなってきました」,「今の自分があるのは,あのアニメのおかげです」などと,涙ながらに声を震わせる様子も報道されていました。まさにアニメは,若者たちの生き方に深く関与し,彼らの人生そのものを支えてきたのだということが伝わってきます。
 漫画にしてもアニメにしても,今や子供だけでなく,成人してもなお愛読し視聴するに足るものとなりました。描画手法や内容も多様化し,かなり高度な思想を背景にしてさまざまな人生を語るものが登場しています。このような漫画・アニメ作品が持つ特有の社会的な教育力には,目をみはるものがあることを改めて自覚させられます。
 そのことを考えると,あの事件によって,日本のアニメ文化を担ってきたかけがえのない多くの尊い生命が失われたことが,なおさら悲しく,残念で仕方ありません。

教育界情報詳細へ

お知らせ

お知らせ一覧へ

  • 東書メール
  • 東書の情報誌
  • 全国の教育活動
  • 東書教育賞
  • フォトコンテスト
  •  
  • 東書WEBショップ
  • 東書KIDS
  • 東京教育研究所