東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

中学校の先生がたへ 道徳
高校教科書・シラバス
小学校年間指導計画作成資料
中学校年間指導計画作成資料
中学校 道徳 高校教科書・シラバス 小学校年カリキュラム 中学校年カリキュラム
「新学習指導要領」関連資料 指導要領 移行措置関連 中学校 道徳 ここから始まる新しい外国語教育 新教科「小学校英語」 東書の機関誌

新着資料・アクセスランキング

  • 新着資料
  • 資料アクセスランキング(前日)
  • 2018年8月17日 高 指導資料  数学 
    素因数分解の一意性をもっと前面に出すための考察 お気に入りに追加

    拙稿「素因数分解の一意性について ~ 一意性をもっと前面に出そう ~ 」で整数の性質を指導する際に「素因数分解の一意性」をもっと前面に出したらどうであろうかという提案をした。というのは,これは整数の重要な性質であるからである。 教科書に載っている証明問題を「素因数分解の一意性」を用いるとどのようにできるのか,前稿では触れなかった問題に焦点を当ててみたい。...

    山口県立高森高等学校教諭 西元教善

  • 2018年8月16日 小中高 エッセイ  理科 
    連載コラム「かがくのおと」 お気に入りに追加

    「かがくのおと」にはふたつの意味をこめています。大学で科学にたずさわりながら記すノートでもあり,論文を書く澄んだ音,研究者たちと議論する熱い音,大学生たちに講義する静かな音,こうした現場の音でもあります。
    2018年8月16日 第115回「染色体を1本につなぐ」を追加。

    筑波大学数理物質系物理工学域教授
     白木賢太郎

  • 2018年8月13日 高 指導資料  地歴・公民・地図 
    広い視野と論理的思考力を身に付けさせる指導の試み お気に入りに追加

    21世紀中盤の社会を中心で担い、22世紀世代を育てていく責任を負う現在の高校生には、全体の利益に資する判断が的確にできる社会の形成者に成長することを期待したい。複雑化する世界の中で求められるのは、普遍的な力や姿勢であり、すなわち論理的思考力や本質を捉える力のほか、他者への共感力や多様な価値観を認める姿勢である。これらの資質を身に付けさせることを目標に据え、その方法として、高等学校・地理Bの授...

    栃木県宇都宮高等学校教諭 安達常将

新着資料一覧へ

  • 1位 2016年6月25日 中 カリキュラム  国語 書写 社会 地理 歴史 公民 地図 数学 理科 英語 保健体育 技術・家庭 
    平成28年度用中学校 年間指導計画作成資料 お気に入りに追加

    平成28年度用中学校の年間指導計画作成資料。

    東京書籍(株) 編集局

  • 2位 2015年4月1日 小 教科書本文図版  算数 ICT活用 
    「新編 新しい算数」 デジタルコンテンツ(平成27-30年度用) お気に入りに追加

    平成27-30年度用「新しい算数」教科書に対応。
    プロジェクターを使った授業を想定して作成したデジタルコンテンツです。

    東京書籍(株) 算数編集部

  • 3位 2017年11月9日 小 指導案  英語 
    小学校英語(平成30・31[2018・2019]年度用)
    『We Can!』,『Hi, friends!』併用指導案 (50時間対応)
    お気に入りに追加

    [小学校英語]平成30年度,31年度は,学習指導要領の移行期にあたります。移行期用の教材として,文部科学省が発行する『新学習指導要領対応小学校外国語教材 We Can!』が各学校に配布されます。各学校では,従来の『Hi, friends!』と『We Can!』を組み合わせて,50時間分の指導を行うことが求められます。
    本項では,『Hi, friends!』の指導案をベースに,『We...

    東京書籍(株) 英語編集部

  • 4位 2018年6月20日 小 指導案  英語 
    『We Can!』『Hi, friends!』併用指導案
    『Let's Try!』指導案
    お気に入りに追加

     平成30年度,31年度は小学校学習指導要領の移行期にあたり,各学校には文部科学省より『We Can!』,『Let’s Try!』が配布されます。各学校では,これらの教材を活用しながら,さまざまな実態に応じたカリキュラムを作成することが求められます。
    ...

    東京書籍(株) 英語編集部

  • 5位 2018年5月24日 小 指導案  英語 
    小学校英語(平成30・31[2018・2019]年度用)
    『Let's Try!』指導案 15時間対応
    お気に入りに追加

    平成30年度から,文部科学省が発行する外国語活動用教材『Let’s Try!』が各学校に配布されます。平成30・31年度の学習指導要領の移行期に15時間で外国語活動を行う場合は,新課程への接続が円滑に行われるように配慮しながら,『Let’s Try!』の35時間分のカリキュラムの中から必要な部分を選択して指導を行う必要があります。本資料は『Let’s...

    東京書籍(株) 英語編集部

先週のランキングへ前日のランキングへ

特集

特集・教育テーマ

研究

研究会・イベント情報

教育情報

  • 教育・文化ニュース
  • 文科省情報
  • 教育界情報
  • 2018年8月8日 小中高 文科省情報  国語 書写 社会 地図 地理 歴史 公民 地歴・公民・地図 算数 数学 理科 英語 生活 図画工作 音楽 美術 工芸 書道 家庭 体育 保健 保健体育 技術・家庭 情報 道徳 総合的な学習 ICT活用 学校経営 特別支援教育 特別活動 学級経営 言語活動 小中連携 
    学校教育法等の一部を改正する法律の公布について(通知) お気に入りに追加

    今回の法律改正は,情報通信技術の進展等に鑑み,児童生徒の教育の充実を図るため必要があると認められる教育課程の一部において,また,障害のある児童生徒等の学習上の困難の程度を低減させる必要があると認められるときは,教育課程の全部又は一部において,教科用図書に代えてその内容を記録した電磁的記録である教材を使用することができることとする等の措置を講ずるものである。

    文部科学省

  • 2018年8月1日 小中 文科省情報  国語 算数 数学 理科 
    平成30年度 全国学力・学習状況調査 報告書・調査結果資料 お気に入りに追加

    「平成30年度全国学力・学習状況調査の結果(概要)」「平成30年度 全国学力・学習状況調査 調査結果資料」(小学校、中学校)、「平成30年度 全国学力・学習状況調査【都道府県別】および【指定都市別】調査結果資料」が公開されています。

    国立教育政策研究所

  • 2018年7月24日 小中高 文科省情報  学校経営 その他 
    学校における働き方改革特別部会(第15回) 配付資料 お気に入りに追加

    今回配布された主な資料は、「【資料1】教員のメンタルヘルス対策に関するこれまでの取組等」「【資料2】教職員のメンタルヘルス向上に向けて(十川博氏提出資料)」「【資料3】公立学校における労働安全衛生管理体制等の整備状況(平成29年度)」「【資料5】学校の労働安全衛生管理の在り方について(検討視点の例)」です。

    文部科学省

  • 2018年7月17日 小 文科省情報  国語 社会 算数 理科 英語 生活 図画工作 音楽 家庭 体育 保健 総合的な学習 特別支援教育 特別活動 
    校内研修シリーズ(新学習指導要領編) お気に入りに追加

    「校内研修シリーズ(新学習指導要領編)」は、校内で研修を行う際の資料として活用いただけたらと思います。各学校で実施する校内研修を60分と想定し、その中で活用できる20分の動画として提供します。本講義動画では、小学校の新学習指導要領の改訂のポイントを解説しています。

    教職員支援機構

  • 2018年7月17日 小 文科省情報  算数 理科 音楽 
    小学校プログラミング教育必修化に向けた工程表(例)入りパンフレット お気に入りに追加

     教育委員会・学校向けに、2020年度からの小学校におけるプログラミング教育の必修化に向けて、残された期間内に必要な取組ができるよう、実施工程表の例などを掲載したパンフレットを作成しました。小学校段階のプログラミング教育の実施に向けての準備や実践等にお役立てください。

    未来の学びコンソーシアム

文科省情報詳細へ

2018年8月号
 朝,「行ってまいりまぁーす」と元気に家を出た子供が,夕方,「ただいまぁー」と元気に帰宅する――。こうした日常を守ることは,たくさんの子供たちの生命を預かる学校の最低限の責任です。ところが,6月18日に起きた震度6弱の大阪北部地震では,その責任が果たせませんでした。小学校のブロック塀が倒れて女児が死亡するという,まことに胸が痛む残念な事故でした。
 建築基準法施行規則はブロック塀について,塀の高さ2.2メートル以下であること,そして,高さ1.2メートルを超える場合は,補強のための控え壁を施すことを求めています。文科省はこの事故を踏まえて,直ちに基準に違反する実態の全国調査を開始しました。
 民間のある調査では,こうした基準に合わない疑いがあるブロック塀は,少なくとも2498校で確認されたといいます。しかも,この数は今後さらに増えるはずだとしています。
 未来に生きる児童生徒の安全確保のための改善は,何よりも優先して行う必要があります。

教育界情報詳細へ

  • 東書メール
  • 東書の情報誌
  • 全国の教育活動
  • 東書教育賞
  • フォトコンテスト
  •  
  • 東書WEBショップ
  • 東書KIDS
  • 東京教育研究所