東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

中学校の先生がたへ 道徳
高校教科書・シラバス
小学校年間指導計画作成資料
中学校年間指導計画作成資料
中学校 道徳 高校教科書・シラバス 小学校年カリキュラム 中学校年カリキュラム
「新学習指導要領」関連資料 指導要領 移行措置関連 中学校 道徳 ここから始まる新しい外国語教育 新教科「小学校英語」 東書の機関誌

新着資料・アクセスランキング

  • 新着資料
  • 資料アクセスランキング(前日)
  • 2018年12月17日 高 指導資料  国語 
    ICTを利用した国語授業実践 ~文房具としてのタブレット~ お気に入りに追加

    常翔学園中学校・高等学校では2017年4月よりICT教育が本格的に始まりました。しかしながら ICT教育に精通した教員はほぼおらず、手探り状態で各教員がタブレットを使用した授業展開にチャレンジしました。現在約1年半が経過し、少しずつではありますが活用方法がわかってきました。その一部をご紹介させていただきます。

    常翔学園中学校・高等学校教諭 上野洋平

  • 2018年12月17日 中 エッセイ  英語 
    季節の英語2題 お気に入りに追加

    英語を半世紀以上も学習しているが,まだまだ知らないことだらけである。英語は生きているからであろう。最近知った英語の表現を2題紹介したい

    愛知学院大学教授 杉浦正好

  • 2018年12月14日 高 指導資料  数学 
    連分数と数列(2) ~連分数の和と積,拡張~ お気に入りに追加

    本稿では,連分数fmについて,特別なmの値に対するいくつかの連分数fmを扱い,それらの和や積,関係式を求めたり,mの値を分数や負の整数まで拡張してその値やある関係について考察したりする。
    ※文中の数式は,「Tosho数式エディタ」で作成されています。ワード文書で数式を正しく表示するためには,「Tosho数式エディタ」が導入されていることが必要です。無償ダウンロードはこちら→

    山口県立高森高等学校教諭 西元教善

新着資料一覧へ

  • 1位 2015年4月1日 小 教科書本文図版  算数 ICT活用 
    「新編 新しい算数」 デジタルコンテンツ(平成27-30年度用) お気に入りに追加

    平成27-30年度用「新しい算数」教科書に対応。
    プロジェクターを使った授業を想定して作成したデジタルコンテンツです。

    東京書籍(株) 算数編集部

  • 2位 2018年6月20日 小 指導案  英語 
    『We Can!』『Hi, friends!』併用指導案
    『Let's Try!』指導案
    お気に入りに追加

     平成30年度,31年度は小学校学習指導要領の移行期にあたり,各学校には文部科学省より『We Can!』,『Let’s Try!』が配布されます。各学校では,これらの教材を活用しながら,さまざまな実態に応じたカリキュラムを作成することが求められます。
    ...

    東京書籍(株) 英語編集部

  • 3位 2016年6月25日 中 カリキュラム  国語 書写 社会 地理 歴史 公民 地図 数学 理科 英語 保健体育 技術・家庭 
    平成28年度用中学校 年間指導計画作成資料 お気に入りに追加

    平成28年度用中学校の年間指導計画作成資料。

    東京書籍(株) 編集局

  • 4位 2017年11月9日 小 指導案  英語 
    小学校英語(平成30・31[2018・2019]年度用)
    『We Can!』,『Hi, friends!』併用指導案 (50時間対応)
    お気に入りに追加

    [小学校英語]平成30年度,31年度は,学習指導要領の移行期にあたります。移行期用の教材として,文部科学省が発行する『新学習指導要領対応小学校外国語教材 We Can!』が各学校に配布されます。各学校では,従来の『Hi, friends!』と『We Can!』を組み合わせて,50時間分の指導を行うことが求められます。
    本項では,『Hi, friends!』の指導案をベースに,『We...

    東京書籍(株) 英語編集部

  • 5位 2018年10月18日 小 ワークシート  英語 
    【東書教育シリーズ】アルファベット学習でつまずかせない! 魔法のワークシート16 お気に入りに追加

    文科省移行教材『Let'sTry!』『WeCan!』と同一の書体を使用した,アルファベット指導のためのワークシート,手引き,DVD-ROM(音声と映像),ポスターの4点セットです。アルファベットを正しく書けるようになるための字形の捉え方,運筆のコツなどを,すべての子どもたちに伝えられる魔法の教材です。新課程の指導に向けて,新たな試みとして作成してみました。ぜひ移行期間中の,今日の授業からご活...

    東京書籍(株) 英語編集部

先週のランキングへ前日のランキングへ

特集

特集・教育テーマ

研究

研究会・イベント情報

教育情報

  • 教育・文化ニュース
  • 文科省情報
  • 教育界情報
  • 2018年12月11日 小中高 文科省情報  国語 社会 地歴・公民・地図 算数 数学 理科 英語 生活 図画工作 美術 工芸 書道 家庭 体育 保健体育 技術・家庭 情報 道徳 総合的な学習 
    平成30年度 国立教育政策研究所 教育課程研究指定校事業研究協議会 お気に入りに追加

    国立教育政策所教育課程研究センターでは、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校における教育課程や指導方法等の改善充実を図るための、研究指定校による実践的な調査研究として、教育課程研究指定校事業を実施しています。今回、各学校における指導や評価の改善等に活用していただくことを目的とし、研究成果の発表並びに協議を行います。

    国立教育政策研究所

  • 2018年12月7日 小中高 文科省情報  学校経営 学級経営 学習評価 
    教育課程部会 児童生徒の学習評価に関するワーキンググループ(第10回) 配付資料 お気に入りに追加

    今回配布された資料は、「児童生徒の学習評価の在り方について(これまでの議論の整理について) 」「中教審「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について」(答申)での主な指摘事項について」です。

    文部科学省

  • 2018年12月7日 小中高 文科省情報  学校経営 学級経営 学習評価 
    教育課程部会(第108回)・教育課程部会 児童生徒の学習評価に関するワーキンググループ(第11回)合同会議 配付資料 お気に入りに追加

    今回配布された資料は、「児童生徒の学習評価の在り方について(これまでの議論の整理について(案))」「新しい学習指導要領の周知におけるリーフレット(案)」ほかです。

    文部科学省

  • 2018年12月7日 小中高 文科省情報  学校経営 
    学校における働き方改革特別部会(第20回) 配付資料 お気に入りに追加

    今回配布された資料は、「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申素案)」「公立学校の教師の勤務時間の上限に関するガイドライン(案)」「学校における働き方改革に関する緊急対策の策定並びに学校における業務改善及び勤務時間管理等に係る取組の徹底について(平成30年2月9日付け文部科学事務次官通知)」ほかです。

    文部科学省

  • 2018年12月4日 小中高 文科省情報  特別支援教育 
    「心のバリアフリーノート」作成検討会(第1回) 配付資料 お気に入りに追加

    平成 29 年2月 20 日、ユニバーサルデザイン 2020 関係閣僚会議において、「ユニバーサルデザイン 2020 行動計画」が取りまとめられ、その中で、学校教育において「心のバリアフリー」の教育を展開するための具体的施策として、次期学習指導要領の全面実施に先行して、すべての子ども達に「心のバリアフリー」に関する理解を深めるため、自分ごととして受け止め、活きて働く知識や経験とするための「心のバリアフリーノート(仮)」の作成を検討することについて明記されました。全ての学校で児童生徒の発達の段階を踏まえた教科等横断的な指導が可能となる「心のバリアフリーノート」の構成及び内容を検討し、「心のバリアフリーノート」を作成します。

    文部科学省

文科省情報詳細へ

2018年12月号
 コンピュータが学校教育の中で活用され始めたのは,もう30年以上も昔のことです。その頃は,「コンピュータ,ソフトがなければただの箱」とよく言われたものでした。当時はどのようなソフトを,どのように使って効果的な指導を展開するかが専らの関心事でした。
 時は下って現在では,最終的にソフト自体をつくることを目指した「プログラミング教育」が新学習指導要領に登場し,小学校でも2020年の必修化に向けて各地でさまざまな実践が広がりつつあります。
 教師にとっては何かと戸惑いの多い課題ですが,文科省は本年3月に「小学校プログラミング教育の手引(第1版)」を作成し,教師に向けた実践事例の紹介などの支援策を実施しています。これに続いて11月には,同じく第2版を公表し,算数や理科,総合的な学習の時間などの取り組みに加えて,社会科や家庭科などの実践事例をより広く掲載して教師の支援に供しています。この施策に対する国の意気込みがうかがえます。
 いずれにしても,コンピュータはもはや「魔法の箱」ではなく,各自が使いこなすべき道具です。日本が今後の国際社会で存在感を発揮するためにも,子どもたちのより主体的な取り組みが期待されるところです。

教育界情報詳細へ

  • 東書メール
  • 東書の情報誌
  • 全国の教育活動
  • 東書教育賞
  • フォトコンテスト
  •  
  • 東書WEBショップ
  • 東書KIDS
  • 東京教育研究所