東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

中学校の先生がたへ 道徳
高校教科書・シラバス
小学校年間指導計画作成資料
中学校年間指導計画作成資料
中学校 道徳 高校教科書・シラバス 小学校年カリキュラム 中学校年カリキュラム
「新学習指導要領」関連資料 指導要領 移行措置関連 中学校 道徳 ここから始まる新しい外国語教育 新教科「小学校英語」 東書の機関誌

新着資料・アクセスランキング

  • 新着資料
  • 資料アクセスランキング(前日)
  • 2019年1月16日 小中高他 文科省情報  ICT活用 学校経営 特別支援教育 特別活動 その他 
    2019年度文部科学省 予算(案)の発表資料一覧(1月) お気に入りに追加

    2019年度文部科学省 予算(案)の発表資料一覧(1月)についてお知らせします。来年度予算の詳細な情報が掲載されています。

    文部科学省

  • 2019年1月16日 高 実践事例  国語 
    使えない国語から使える国語へ ~クリティカルリーディングのメソッドを学ぶ~ お気に入りに追加

    本稿では小説「山月記」を教材にし、クリティカルリーディングを通して生徒の人格形成にインスパイアする深い学びを目的にした「主体的、協働的に考える」授業の日常を紹介したいと思います。

    北海道札幌国際情報高等学校 高橋一嘉

  • 2019年1月15日 小中高 文科省情報  学校経営 
    学校における働き方改革特別部会(第21回) 配付資料 お気に入りに追加

    今回配布された資料は、「「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申素案)」に関する意見募集の結果について」「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申(案))」「「公立学校の教師の勤務時間の上限に関するガイドライン(案)」に関する意...

    文部科学省

新着資料一覧へ

先週のランキングへ前日のランキングへ

特集

特集・教育テーマ

研究

研究会・イベント情報

教育情報

  • 教育・文化ニュース
  • 文科省情報
  • 教育界情報
  • 2019年1月16日 小中高他 文科省情報  ICT活用 学校経営 特別支援教育 特別活動 その他 
    2019年度文部科学省 予算(案)の発表資料一覧(1月) お気に入りに追加

    2019年度文部科学省 予算(案)の発表資料一覧(1月)についてお知らせします。来年度予算の詳細な情報が掲載されています。

    文部科学省

  • 2019年1月9日 小中高 文科省情報  その他 
    平成30年度文部科学大臣優秀教職員表彰式の開催について お気に入りに追加

    平成31年1月15日(火曜日)に、文部科学大臣優秀教職員表彰式を開催しますのでお知らせします。優れた成果を上げた教員を表彰することは、教員の意欲を高め、資質能力の向上に資することから、全国の国公私立学校(大学、高等専門学校を除く。)の現職の教育職員(校長等の管理職を除く。)を対象に、平成18年度から文部科学大臣による優秀教員表彰を実施してきました。

    文部科学省

  • 2019年1月7日 小中高 文科省情報  ICT活用 
    「デジタル教科書」の効果的な活用の在り方等に関するガイドライン検討会議(第4回) 配付資料 お気に入りに追加

    今回配布された資料は、「学習者用デジタル教科書の効果的な活用の在り方等に関するガイドライン(案)」ほかです。

    文部科学省

  • 2019年1月7日 小中高 文科省情報  ICT活用 特別支援教育 
    学習者用デジタル教科書の効果的な活用の在り方等に関するガイドライン お気に入りに追加

    本ガイドラインは,学校教育法等の一部を改正する法律(平成 30 年法律第 39 号)の公布を受け,学校・教育委員会等が学習者用デジタル教科書の導入を検討し,また,実際に使用する際に参考となるよう,その効果的な活用の在り方や,導入に当たっての留意点等について,実践事例の調査研究結果等も踏まえ,有識者による検討の成果をまとめたものです。

    文部科学省

  • 2018年12月27日 他 文科省情報  算数 数学 理科 英語 技術・家庭 情報 学校経営 
    2019年度文部科学省予算(案) お気に入りに追加

    文部科学省の2019年度予算案です。働き方改革、英語教育の充実など、来年度の文部科学省の事業を概観できます。

    文部科学省

文科省情報詳細へ

2019年1月号
 かつて全国の学校が生徒指導上の深刻な課題を抱え,「学校教育の荒廃」とまで叫ばれた時代に,勤務時間を度外視して生徒に正面から向き合ったのは教師たちでした。夜間パトロールや土日の勤務が常態化したのもその頃でした。学校の働き方改革は,こうした教員たちへの長い間のいびつな甘えを,今日まで引きずってきた結果だという見方もできましょう。
 去る12月6日に,中教審の「学校における働き方改革」の答申素案が公表されました。その中で,超過勤務は1カ月45時間を上限とし,1年間で360時間以内とするガイドライン案が示されました。また,公立学校教員には1年単位の変形労働時間制を導入することになっています。さらに,同案は日本型学校教育の維持を打ち出し,勤務時間の施策には実現に向けた細かな配慮を施した上に,学校組織の見直しを進めることを求めています。
 この案は,いよいよ年明けの中教審総会で答申される見通しです。

教育界情報詳細へ

  • 東書メール
  • 東書の情報誌
  • 全国の教育活動
  • 東書教育賞
  • フォトコンテスト
  •  
  • 東書WEBショップ
  • 東書KIDS
  • 東京教育研究所