• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

全国の教育活動のご紹介

  • 1/2ページ
  • 19件中
  • 1-10件 表示

全国各地域の教育にかかわるさまざまな活動のご紹介コーナーです。

  1. 1 第82回情報処理学会 全国大会
    中高生情報学研究コンテスト
    2019年10月21日
    日時:2020年3月7日(土)10:30〜15:20
       (プレビュータイム11:00-、コアタイムは13:30-14:30)
    場所:金沢工業大学 扇が丘キャンパス
    共催:国立情報学研究所
    後援:全国高等学校情報教育研究会
       情報オリンピック日本委員会
    概要
    情報処理学会では、第81回全国大会 中高生ポスターセッションに引き続き、第82回全国大会 中高生情報学研究コンテストを開催します。高校生なら共通教科情報科、中学生なら「技術・家庭科」技術分野の「情報に関する技術」に沿ったテーマ研究など、日頃の情報分野での学習成果のポスター発表を大募集します。

    講評・特別審査員は鹿野利春先生(文部科学省初等中等教育局情報教育・外国語教育課情報教育振興室教科調査官)を予定しております。
  2. 2 超カッコイイ36人の海と船の仕事
    『SEA-GOTO 〜海のシゴト ガイドブック〜』」を一挙公開中
    2019年6月28日
    2017年夏,「海と日本プロジェクト」の一環として国土交通省の旗振りでスタートしたC to Seaプロジェクトのポータルサイト「海ココ」がサイトオープンいたしました。「海ココ」では,教育に役立つ各種情報提供を行っています。

    その一例として,
    キャリア教育に活用できる「超カッコイイ36人の海と船の仕事『SEA-GOTO 〜海のシゴト ガイドブック〜』」を一挙公開中。

    「SEA-GOTO 海のシゴト ガイドブック」は,子どもや若者に向けて,日本の「海」や「船」の今を支える36名の方にインタビューを行い,海の仕事の魅力についてまとめたものです。
    「新着情報」または「知る・学ぶ(教材)」より,ぜひご覧ください。
    海事広報活性化協議会|運営事務局 国土交通省海事局
  3. 3 【報道発表】改訂学習指導要領に対応した、小中学校の教員向け「海洋教育プログラム」を公開
    ~小中学校の社会科において、海洋・海事が充実~ (⇒国土交通省サイトへ)
    2019年6月10日
    2017年3月に改訂された小中学校社会科の学習指導要領において、海洋・海事の記述が充実しました。これを受けて国土交通省では、全国の小中学校で、海洋・海事について無理なく授業に取り入れるための参考となる、「海洋教育プログラム」を作成しました。

    2017年3月に改訂された小中学校の社会科の学習指導要領において、海洋・海事に関する記載が充実し、学校教育の内容として明確に位置づけられました。また、先日検定結果が公表された小学校の社会科の教科書でも、海洋・海事に関する記載が充実されております。
    2020年から全国の小学校で、2021年からは全国の中学校で改訂学習指導要領に基づいた授業が開始されます。

    しかしながら、学校現場で新たな授業内容に取り組むには、教員は多忙で新たな内容を研究する時間を十分に確保することが困難、また、地域によっては海や船が身近に無く教材を確保することが困難などの問題点が考えられます。

    そこで、国土交通省では、小中学校の教員向けに、海洋・海事に関する内容について、無理なく授業の中に取り入れられる、「海洋教育プログラム」を作成し、海事関係の教材・資料等を合わせて、国土交通省のウェブサイトで公開いたしました。

    今後、全国で活用いただけるように周知を進めてまいります。
    国土交通省
  4. 4 為末大氏トークセッション『コトバの力』 2019年6月3日
    日本語検定を特別協賛している読売新聞社が主管する「為末大氏トークセッション『コトバの力』」が2019年7月7日(日)に福岡市で開催されます。
    大東文化大学
  5. 5 海事産業における女性活躍推進の取組事例集 2018年11月2日
    国土交通省では、平成30年4月より、海事産業における女性の活躍を応援する「輝け!フネージョ★」プロジェクトを開始し、その第1弾として、「海事産業における女性活躍推進の取組事例集」を作成しました。

    海洋立国日本において、海事産業は我が国経済及び国民生活に大きな役割を果たしており、その持続的な発展には、数多くの優秀な海事人材の活躍が必要不可欠であり、女性が活躍できる仕事も多くあります。

    しかしながら、船の運航や造船、舶用品製造は、男性中心の仕事で、ロープの固縛やホース荷役、溶接、重い資材・機器の使用など身体的負担の大きい作業が多いとのイメージが定着していることもあり、業界の女性比率は、まだまだ他の産業に比べて低い状況にあります。

    このような状況を改善し、海事産業における女性活躍を一層推進することを目的として、国土交通省は、女性が働きやすい職場環境を実現している取組事例や現役女性職員の声を事例集として取りまとめ、国土交通省ホームページに公表いたしましたので、広く学生・生徒の皆さんにも、海事産業やそこで働く女性の活躍について知っていただくためのツールとしてご活用いただけますと幸いです。

    ※フネージョ…船員や造船・舶用工業など海事分野で働く女性を幅広く象徴する造語。イタリア語の「アダージョ」(「くつろぐ」、「ゆっくりと」等の意)の語感を込め、母なる大洋を船舶が優雅にゆっくりと航行する姿を想像させ、職場を寛がせるイメージ。
    国土交通省
  6. 6 日本天文学会「インターネット版天文学辞典」について 2018年8月22日
    重力波って何? 皆既月食なら広い範囲で見られるのに、皆既日食が珍しいのはどうして・・・?
    ニュースに登場する天体に関する用語や、宇宙・天体現象に関する身近な疑問、こうした疑問に応えようと日本天文学会では、インターネット版天文学辞典を公開しました。無料で利用できます。
    日本天文学会
  7. 7 「第2回 全国子ども和食王選手権」 参加者募集のお知らせ 2017年7月31日
    農林水産省は、日本の伝統的な食文化である「和食」やふるさとの「郷土料理」に対して、子どもたちの強い関心と理解を育むことを目的に、「全国子ども和食王選手権」を開催しています。
    ①和食お絵かき部門:(小学校1年生~3年生対象) ②和食王部門:(小学校4年生~6年生対象)
  8. 8 「越前朝倉氏追悼叙事詩 一乗 貴妃伝」のご紹介 2014年9月26日
    お問い合わせ:福井新聞社事業局:TEL:0776(57)5180
  9. 9 「小・中一貫 コミュニティ・スクールのつくりかた」の紹介
    -三鷹市教育長の挑戦-
    2014年3月27日
    貝ノ瀬 滋(三鷹市教育長)著(ポプラ社)
  10. 10 おいしく,楽しく,火山を知ろう!
    キッチン発の防災教育!
    食いしんぼうの火山学者が教える,火山とのつきあい方
    2013年1月1日
    書籍『世界一おいしい火山の本 チョコやココアで噴火実験』
    (林信太郎・秋田大学教育文化学部教授:著,税込価格1575円,小学校高学年から)