• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2021年10月18日

障害児に暴行、入所施設職員2人逮捕=日常的に虐待か―岡山県警

 岡山県津山市の障害児施設で入所者の少年(16)に暴行したとして、岡山県警は18日、同施設の児童指導員(58)と看護師(46)の男性容疑者2人を暴行容疑で再逮捕した。2人は大筋で容疑を認めているという。両容疑者は同施設職員に対する暴力行為等処罰法違反容疑で9月26日に逮捕、今月15日に起訴されていた。
 指導員の再逮捕は、6月28日に施設内で少年の額や足をトイレットペーパーで殴ったり、ちぎった紙を丸めて口に入れたりした疑い。看護師は8月29日、椅子に座っている少年の顔をたたき、転倒させた上、尻を蹴るなどした疑い。いずれも少年が食事中に行われた。少年にけがはないという。
 県警は、日常的に施設内で虐待が行われていた疑いもあるとみて詳しく調べる。同施設は15日付で両容疑者を懲戒解雇処分とした。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース