• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2020年7月31日

第2日程を3万人希望=共通テスト、学習遅れで―萩生田文科相

 萩生田光一文部科学相は31日の閣議後記者会見で、来年の大学入学共通テストで1月30、31日の第2日程での受験を希望する高校3年生が、現時点で約3万2000人いると明らかにした。1月16、17日の第1日程を選択したのは約43万1000人だった。
 共通テストはセンター試験に代わり、来年初めて行われる。新型コロナウイルスによる長期休校で生じた学業遅れに対応するため、現役生に限り二つの日程を設定した。出願は9月28日~10月8日で、人数は変わる可能性がある。
 文科省は第2日程の会場を47都道府県に設ける方針で、会場確保のため全国の高校に意向を調査していた。学業の遅れがあると校長が判断すれば、出願時に第2日程を希望でき、新型コロナ感染や病気などで第1日程を受験できなかった場合も受験できる。 
 今年1月のセンター試験志願者は約55万人で、うち現役生は約45万人。利用した大学・短大は過去最多の858校だった。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース