• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2020年5月29日

来年度大学入試、「春夏制」提言=国民民主党

 国民民主党の「9月入学検討ワーキングチーム(WT)」は28日、新型コロナウイルス感染拡大による休校長期化で高校生らに不平等が生じないよう、来年度に限り国公私立大の2次試験を春と夏の2度行い、4月入学と9月入学の併用を求める中間提言をまとめた。
 提言は、来年1月に始まる大学入学共通テストを1カ月程度後ろ倒しするとし、これに伴い、2次試験の時期も後ろにずらすことを提唱。また、9月入学の場合、最短3年半で4月入学組と同時に卒業できるようにすべきだとした。 
 WTは当初、小中高校と大学の9月入学移行を目指したが「社会的影響が大きい」「未就学児の分断を起こす」などの意見が根強く、今回の提言では見送った。党内に調査会を新設し、中長期的な課題として検討を続ける。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース