• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2020年5月22日

屋外体育、マスクなしOK=2メートルの距離確保―スポーツ庁

 スポーツ庁は21日、学校の体育授業を屋外で実施する場合、児童生徒間の距離を2メートル以上確保すればマスク着用は必要ないとする見解をまとめた。マスクをしたまま運動をすると、呼吸困難や熱中症になる危険があるため。同日、全国の教育委員会などに通知した。
 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、運動中は会話や発声を控え、集団で同じ方向に動くランニングなどを行う場合はより長い距離を取ることを求めた。一方、マスクの着用を希望する場合は医療用の「N95」ではなく、家庭用のマスクを使うよう注意を促した。 
 中国では4月、マスクを着用して運動した中学生3人が相次いで死亡する事故が起きている。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース