東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2019年4月15日

◎86市長選の3割強無投票=統一選後半戦スタート

 第19回統一地方選は14日、政令市以外の86市長選と294市議選、東京特別区の11区長選と20区議選が告示され、後半戦がスタートした。市長選には161人が立候補。県庁所在市の津、高松を含む27市長選で無投票当選が決まった。全体の31.4%に当たり、前回に続き3割を超えた。津は2回連続の無投票で、市選挙管理委員会によると同市では初。
 無投票当選の選挙を除き、16日告示の町村長・町村議選や、既に選挙戦に入っている衆院大阪12区、沖縄3区補欠選挙とともに21日に投開票(一部は翌日開票)される。後半戦では、地元の課題や人口減少対策、地域経済の活性化などについて論戦が繰り広げられる。
 市長選の平均競争率は1.9倍で、前回の2.0倍を下回り、過去最低水準となった。
 県庁所在市で告示されたのは、水戸、津、高松、長崎、大分の5市。津は現職の前葉泰幸氏(57)が2回連続の無投票で3選、高松は現職の大西秀人氏(59)が4選を果たした。水戸、大分はいずれも現職に共産党系新人が挑む。前回無投票だった長崎は現職に3新人がぶつかる。
 区長選は中央、北など11区で行われ、31人が出馬した。中央区は、在任の市区長で最多の8期を務める現職が引退し、5新人による混戦に。北区は、在任の市区長で最高齢の現職(84)と2新人が争う。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース