東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年10月9日

◎子育て応援住宅建設へ=山形県庄内町

 山形県庄内町は、町外からの子育て世代を優先して受け入れる「子育て応援住宅」を整備する。住宅の設置や管理に関する条例案を12月議会に提出、可決されれば今年度中に民間事業者を公募し、来年度から着工する方針。町の人口減少と少子化に歯止めをかけるのが狙い。
 子育て応援住宅は、町内でも児童数の減少が著しい地区で廃校となった小学校のグラウンドを民間事業者に無償貸与し建設する。事業者が建てた住宅を町が借り上げて、転貸を行う。住宅は30年後、町に無償譲渡される。
 今回、長屋2棟で合わせて16戸を整備する予定。間取りは3LDKで、延べ床面積80平方メートル。家賃は5万2000円で、入居する子どもの数に応じて割引をする。
 町は今年度中の着工を目指し、9月議会に条例案を提出したが、工事のスケジュールや入居条件に課題があるとして否決された。12月議会での可決を目指し、住宅の運営方法などの再精査を進める。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース