東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年8月10日

◎入試差別で全国調査=国公私立81大に―文科省

 東京医科大の不正入試問題を受け、文部科学省は10日、医学部医学科を置く全国の国公私立大81校を対象に、公平な入試が行われているかを確認する緊急調査を始めた。調査票をメール送信し、24日までの回答を要求。来月以降、結果を公表する方針。
 調査項目は、過去6年分の男女別や年齢別の受験者数、合格者数など。東京医科大が女子受験生を差別的に取り扱っていたことを踏まえ、合否判定での性別による差異についてもただす。
 男子の合格率が女子の合格率を上回っている場合や、年齢によって合格率が大きく乖離(かいり)している場合には、理由を記載するよう求める。
 林芳正文科相は10日の閣議後の記者会見で、「医学部の入学者選抜は医師採用試験としての側面がある。他の医学部でも同様の事態がある可能性が指摘されている」などと調査の意義を説明した。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース