東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年8月10日

◎図書館と子育て相談を一体化=新施設オープンへ―静岡県磐田市

 静岡県磐田市は11日、図書館と子育て相談機能を共存させた複合施設「ひと・ほんの庭 にこっと」をオープンさせる。全国的にも珍しい施設で、市は「子育てに関する悩みや相談の多さを考慮して、誰でもいつでも利用しやすい施設を目指した」としている。
 新施設は、旧豊田図書館の改修に伴い機能もリニューアルした。元が図書館で子ども連れの親が気軽に訪れることができるというハードルの低さを生かして、子育て・教育に関する相談をいつでも受け付けられる環境を整えた。保健師や保育士が常駐し、初期相談に対応。必要に応じて市の関連部署や学校・保育園などにも連絡する。また、ハローワークとも連携して働く女性らのサポートを行う。
 館内には、飲食が可能なスペースも用意した。市が包括連携協定を結んでいるセブン―イレブン・ジャパンのオリジナル自動販売機を県内で初めて設置。おにぎりやサンドイッチ、ジュースなどを販売する。将来的には、協定に盛り込まれた地産地消の推進を目指して、地元産の食材を使ったサラダなどの販売も検討する。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース