• 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年6月8日

◎認定こども園に改良さすまた=石川県かほく市

 石川県かほく市は、市内に8カ所あるすべての公立認定こども園に、改良型のさすまたを導入した。昨年3月に大分県宇佐市の認定こども園で子どもら3人が刃物を持った男に襲撃された事件を受け、かほく市では防犯体制の充実を検討していた。
 改良型のさすまたは長さ170センチで、1本2万2000円。先割れした部分を不審者の足や腕に押し付けるとバネが作動し、挟み込む構造。従来のさすまたに比べて捕まえやすく、認定こども園に多い女性職員でも楽に扱えるという。
 市内の認定こども園には既に木製の棒が配備されているが、改良さすまたを加えて万全を期す。子育て支援課の担当者は「さすまたは万が一の手段。万が一が起きないまちにしたい」としている。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース