• 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年5月16日

◎iPS初の心臓治療へ=厚労省、阪大の移植計画了承

 重い心臓病患者に他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の細胞を移植する大阪大の臨床研究計画を、厚生労働省の再生医療等評価部会が16日、条件付きで了承した。近く厚労相が正式に承認し、阪大は年内に移植を実施して安全性と効果を検証する。iPS細胞を使った心臓病治療の臨床研究は世界初となる見通し。
 部会は同日の審査で、患者への説明文書を分かりやすくするなどの条件を付けた上で、計画を了承した。
 計画は阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らの研究チームが申請。動脈硬化などで心臓の血管が詰まり、血液が十分届かなくなる虚血性心筋症で、心不全になった患者を対象に行う。
 京都大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)が健康な人の血液から作って備蓄しているiPS細胞の提供を受け、心筋細胞に変化させた上でシート状にして患者の心臓に移植。がんができないか、心臓の機能が改善するかを検証する。
 研究チームは3月、阪大の専門委員会の承認を得て、厚労省に計画を提出していた。
 iPS細胞を使った再生医療では、理化学研究所などが2014年、目の難病患者に対し世界で初めて臨床研究を実施。他にオーストラリアの企業が骨髄移植の後などに起きる病気で臨床試験(治験)を行っている。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース