• 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2017年9月13日

◎食文化発信、環境配慮を明記=飲食戦略案固まる―東京五輪組織委

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、飲食戦略検討会議の最終第6回会合を東京都内で開き、選手村や会場での選手、観客、ボランティアらに対する飲食提供の考え方を示した基本戦略の素案を固めた。国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)に提出した上で最終決定し、来年3月までに公表する。
 素案では、盛夏の開催を踏まえた食中毒予防対策や、日本の食文化の発信を目指すことを明記。廃棄物抑制や食器の再利用など環境に配慮した取り組み、国産食材の優先活用、東日本大震災の被災地からの食材を使ったメニュー提供による復興支援も盛り込まれた。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース