• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

新任先生Q&A(高等学校)

新任先生Q&A「ちょっと困ったんだけど...」若手教員の皆さんから寄せられた,そのな困りごとにお答えします。

自分の専門外の部活動の顧問になってしまいました。

自分の専門外の部活動の顧問になりました。前の顧問は転任し,その後その部を担当する人がいなく,とりあえず私が受け持つことになりました。初めての職員会議で部活動担当者が発表されたとき,何も言えずそのまま顧問ということになってしまいました。やっていけるのか不安でいっぱいです。

(中学2年副担任・1年目)

まずは,自分なら何ができるか探ってみましょう。

校内事情により,やったことのない部活動を担当させられることはあります。しかし,校長先生の判断はこの方では無理だという事ではなかったのだと思います。何か期待するところがあったのではないでしょうか。校長先生や部活動担当者とも相談するのも良いでしょう。生徒が活動しているところに行ってみましたか。そこで,自分なら何ができるか探ってみましょう。

 こんな新任の先生がいました。あなたと同じに入れ替わった先生が剣道部の顧問でした。剣道部の顧問になる方がいず,その新任の先生が剣道部顧問になりました。はじめは訳が分からず,部長の言いなりでしたが,何もせず見ているだけではということで新入生と一緒に練習を始めました。生徒と一緒になり,走ったり,竹刀を振ったり,初めて生徒に受け入れられた感じがしました。その先生は,2年後には2段を取り,一緒に練習を始めた生徒は引退してしまい,自分が剣道部を取り仕切るようになりました。

やったことがないことをやるということはたいへんかもしれませんが,まずは生徒とのかかわりからはじめ自分に何ができるか探ってみてください。楽しいことかもしれませんよ。頑張ってください。

(回答者:東京教育研究所 主任研究員)