• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

新任先生Q&A(中学校)

新任先生Q&A「ちょっと困ったんだけど...」若手教員の皆さんから寄せられた,そのな困りごとにお答えします。

PTAの保護者会役員決めがうまくいきません。

PTAの保護者会役員決めでのことです。なかなか決まらず,くじびきをすることになりました。くじびきで役員に決まった親が,なんと泣き出してしまいました。気持ちよく役員決めを行うには,どうすればいいのでしょうか。

(中3担任・1年目)

PTAは大事な組織。子どもの在学中に1回は役員をするという,PTAのルールを作るように提案してみましょう。

まず,PTAの目的を最初に確認し合います。どこの学校にも,PTAの会則があり,会則の第1条に,「会の目的」があります。子どものよりよい成長を願って作られた組織ですから,どなたも反対はしないでしょう。役員になりたくない理由は,

(1)時間がない(幼児がいる。介護する人がいる等々)
(2)自分には無理(能力的に無理)だと思う
の2つが主な理由の場合についてお答えします。

(1)の場合は,「主婦」は「フルタイムで勤務している人よりも忙しい場合もあるのです。忙しいから,勤務することができないという方もいらっしゃいます。忙しいのはどなたも同じです。ですから,小学生ならば6年間の在学中にご家庭の少しでも状況の良いときに1回は役員をするようにしていただきたいのですが,といい,PTAのルールを作ってもらう提案をしてみてはいかがでしょう。
(2)の場合は,各部の仕事の内容をマニュアル化しておく。過去の会議の日時・回数・要した時間を整理しておく。目に見える形で提示すれば不安も解消します。

※別の方法・・・役員をして,良かったという例を事前に聴取しておき,保護者に伝える。例えば
1)役員をしていて得た情報により,子どもとの会話のきっかけができた。
2)子どもの友達の親と顔見知りになり,会話が広がった。そのことにより,子どもの学校での様子が分かり,子ども理解ができた。
3)子育てで困ったとき,子育てとしての先輩の親の意見を聞くことができ参考になった。
4)学校のこと,先生方のこと,地域のこと,進学のことなど,多くの情報が入り,みな,子どものために一生懸命であることが分かり,安心していられる良い学校である,という気持ちで子どもに接することにより,子どもも,落ち着いてきたという例もある。前向きな気持ちでやれば,子どもにプラスとなって返って来る。

(回答者:東京教育研究所 野本キミ子)