東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

[校務]学級経営・ホームルーム運営

  • 1/5ページ
  • 41件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 [特集1:変化する大学-新しい個別選抜-]入試で何をどのように測るか?-ダビンチ入試からの示唆- 2015年9月9日 お気に入りに追加
    • 入試問題 
    • 高

    ニューサポート高校「理科」vol.24(2015年秋号)より。中央教育審議会は,大学入試センター試験に代わって「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」を導入し,これを年に複数回実施するという案を提示した。また,新テストの出題形式について,従来の「教科型」を将来的に廃止し,複数の教科を組み合わせた「合教科型」や,総合的な知識の活用力をみる「総合型」に移行する案が示された。

    京都工芸繊維大学教授 内村浩

  2. 2 [特集1:変化する大学-新しい個別選抜-]お茶の水女子大学「新フンボルト入試」 2015年9月9日 お気に入りに追加
    • 入試問題 
    • 高

    ニューサポート高校「理科」vol.24(2015年秋号)より。平成28年度から導入予定の「新フンボルト入試」は,今後期待されている「新たな学力観」に対応し,志願者の意欲,適性,能力,基礎学力等を,多面的かつ丁寧に評価する新たな入学者選抜方法として構想された。(お茶大発新型AO 入試=「新フンボルト入試」のねらい)

    お茶の水女子大学入試推進室長 安成 英樹,お茶の水女子大学特任講師 中里 陽子

  3. 3 [特集2:現場からのメッセージ]中学校理科の現場から-アクティブ・ラーニング- 2015年9月9日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中高
    • 理科 

    ニューサポート高校「理科」vol.24(2015年秋号)より。次期学習指導要領の改訂に向けて,文科省が「アクティブ・ラーニング(以下AL)」を強く推進する方向を打ち出している。中教審に対する諮問では,ALを「課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習」と分かりやすく説明している。中学校理科では現行学習指導要領における言語活動の充実により,課題の把握,予想や仮説の設定,考察,発表など主体的・協働的な活動を他教科に先駆けて実施している。そこで,中学校の事例を交えながらALを考察する。

    武蔵野市立第五中学校 辻本昭彦

  4. 4 [特集2:現場からのメッセージ]「問い」のみですすめる授業-生徒がアクティブに学ぶ授業を目指して- 2015年9月9日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高

    ニューサポート高校「理科」vol.24(2015年秋号)より。私は,生徒が,人間が生まれながらに持っている「学ぶこと」の楽しみを高校の授業で実践したいと思っている。ここでは,生徒がアクティブに学ぶ授業を目指して取り組んでいるいくつかの試みを紹介させていただきたい。

    東京都立両国高等学校 山藤旅聞

  5. 5 [特集2:現場からのメッセージ]学ぶ目的 2015年9月9日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高

    ニューサポート高校「理科」vol.24(2015年秋号)より。学びには,ふたつの内容がある。まず,レーザーポインタのボタンを押せば光る,ということ。きわめて実用的な学びである。もうひとつは,光る仕組みを知ることである。そして,知れば知るほど,その中に人類の歴史がどこまでも折り畳まれていることに気づくだろう。

    筑波大学数理物質系准教授 白木賢太郎

  6. 6 [実践報告]新しい実験教材としてのウミホタル 2015年9月9日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 理科 

    ニューサポート高校「理科」vol.24(2015年秋号)より。ウミホタルは,4度Cの水を入れた試験管が最も明るく長い時間発光する。授業で「多くの酵素の最適温度が体温付近」であることを学習している生徒にとって,4度Cでの強い発光は予想に反した不思議な現象となり,そこから様々な考察が生まれる。本研究では,この現象の謎に迫り,ウミホタルを新しい教材として提案する。

    加藤学園暁秀中学校・高等学校教諭 小坂那緒子

  7. 7 ニューサポート高校「英語」vol.24(2015年秋号)特集:プレゼンテーション 2015年9月9日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 英語 

    本誌は,東京書籍が発行する高校英語に関する情報誌です。現場からの実践報告を中心に,高校教育に係わる最新の情報をまとめました。今回は,「プレゼンテーション」を特集として組みました。また,北海道内有数の進学校である北海道旭川北高等学校の英語授業への取り組みと,All Aboard! Communication English II を使った授業実践を編集部の取材記事として紹介します。年2回(春,秋)発行。

    東京書籍(株) 編集局

  8. 8 [巻頭言]Made with Japanでつくる,これからの未来,持続可能な社会 2015年9月9日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 英語 

    ニューサポート高校「英語」vol.24(2015年秋号)より。私たちは,アフリカ南部のザンビア共和国で,バナナペーパー事業を行っています。この事業では,ザンビアのオーガニックバナナ農家から,通常廃棄されるバナナの茎を買い取って繊維を取り出し,福井県の越前和紙の工場に送っています。

    ワンプラネット・カフェ エクベリ聡子

  9. 9 [コラム]新任先生の取り組み 2015年9月9日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 英語 

    ニューサポート高校「英語」vol.24(2015年秋号)より。私が英語教諭として静岡県立池新田高等学校に赴任して3年目を迎えました。大学を卒業後,講師経験なく現場へ飛び込んだ私は,初めての授業や生徒指導,クラス運営など様々なことに頭を抱えながらも,この2年間で多くを学ぶことができたと感じています。

    静岡県立池新田高等学校教諭 青嶋悠

  10. 10 ニューサポート高校「教育情報」vol.17(2015年秋号)特集:転換期を迎える高校教育(2) 2015年9月9日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 学校経営 

    本誌は,東京書籍が発行する「高校教育」に関する情報誌です。現場からの実践報告を中心に,高校教育に係わる最新の情報をまとめました。今回は,「転換期を迎える高校教育(2)」というテーマで全国のさまざまな教育現場の先生方から原稿をいただきました。また,今後の学習指導要領の改訂,教科書検定・採択の流れとともに,「高校基礎学力テスト」「大学入試希望者学力評価テスト」など,今後10年間の教育改革のスケジュールを,編集部でまとめました。ぜひ,ご一読ください。

    東京書籍(株) 編集局