• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

新着資料

  • 1/109ページ
  • 1089件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 【5年】基準量を求める問題について ~図を使って考える~ 2024年2月26日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 算数 

    2020~2023(令和2~5)年度用教科書「新しい算数5年下」に準拠。(math connect「今日の授業のひと工夫」)5下p.124では、増量前の基準量を求める問題を考えます。比較量と割合から基準量を求めることは、児童にとって既習の内容ではありますが、基準量を求める問題の理解は難しく、各種の学力調査などでも課題となっているため、ていねいに扱う必要があります。

    東京書籍(株) 算数・数学編集部

  2. 2 【2年⑰】箱の形をくわしく調べよう 2024年2月26日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 算数 

    2020~2023(令和2~5)年度用教科書「新しい算数2」に準拠。(math connect「今日の授業のひと工夫」)2年17単元では、箱の形の構成要素に着目して、箱の形の特徴を調べていきます。「構成要素に着目させる」というと2年生の子どもには難しそうですが、①箱の形の面を写し取る②箱の形を組み立てるという活動を通して、子ども達の興味・関心を高めながら学習を進めることができます。

    東京書籍(株) 算数・数学編集部

  3. 3 プラモデルでできた街? 2024年2月19日 お気に入りに追加
    • 写真 
    • 小
    • 算数 

    静岡県静岡市のプラモニュメント。地域創生プロジェクト「静岡市プラモデル化計画」では、街にあるさまざまなものを「組み立て前」のパーツに分解したモニュメントを次々に配置中。「ホビーのまち静岡」をアピールしている。

    東京書籍(株) 算数・数学編集部

  4. 4 【1年⑰】式から考えを読み取ろう! 2024年2月19日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 算数 

    2020~2023(令和2~5)年度用教科書「新しい算数1年」に準拠。(math connect「今日の授業のひと工夫」)今回は、1年第17単元「たしざんと ひきざん」の第5時、場面を図に表し、式から考えを読み取る授業についてご紹介します。

    東京書籍(株) 算数・数学編集部

  5. 5 【4年⑭】直方体と立方体についての理解を深める 2024年2月19日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 算数 

    2020~2023(令和2~5)年度用教科書「新しい算数4年下」に準拠。(math connect「今日の授業のひと工夫」)4年第14単元「直方体と立方体」の第1時では、直方体と立方体の意味について学習します。第1時の終盤、4下p.108では、面の形に着目して、箱の形を直方体と立方体に分類することをまとめた後、補助発問②で跳び箱のような形について考察します。

    東京書籍(株) 算数・数学編集部

  6. 6 【6年算数卒業旅行】中学校体験入学コース ~図形の性質の利用~ 2024年2月13日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 算数 

    2020~2023(令和2~5)年度用教科書「新しい算数6年」に準拠。(math connect「今日の授業のひと工夫」)6年の最後に、「算数卒業旅行」があります。4つのコースが設定されていますが、今回は、中学校体験入学コースの「図形の性質の利用」について取り上げます。「図形の性質の利用」では、中学数学で学習する円の性質とひし形の対称性を基にした垂線の作図方法にふれることを通して、図形の学習に対する興味・関心をもたせることを主なねらいとしています。

    東京書籍(株) 算数・数学編集部

  7. 7 【3年⑰】既習を活用して、正三角形のかき方を考える 2024年2月13日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 算数 

    2020~2023(令和2~5)年度用教科書「新しい算数3年下」に準拠。(math connect「今日の授業のひと工夫」)3下p.78では、正三角形のかき方を考えていきます。前時では、二等辺三角形のかき方を学習してきていますので、前時の学習と同じように考え、正三角形をかくという意見が児童から出てくることが想定されます。この意見を学級全体で共有し、既習を活用するよさを確認しながら、学習を進めていきましょう。

    東京書籍(株) 算数・数学編集部

  8. 8 【2年⑮】どんな式になるのかな? ~図を使って考える~ 2024年2月5日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 算数 

    2020~2023(令和2~5)年度用教科書「新しい算数2年」に準拠。(math connect「今日の授業のひと工夫」)2年15単元「たし算とひき算」では、逆思考の問題と呼ばれる場面を扱います。これまで、「『ぜんぶで』だからたし算」、「『のこりは』だからひき算」というように演算決定してきた子どももいるかもしれませんが、逆思考の問題ではこのような考え方では正しく演算決定ができません。そこで本単元では、図を活用すると演算決定がしやすい、というよさをおさえましょう。

    東京書籍(株) 算数・数学編集部

  9. 9 【5年⑰】正六角形であることを確かめよう ~図形の構成要素に着目して~ 2024年2月5日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 算数 

    2020~2023(令和2~5)年度用教科書「新しい算数5年」に準拠。(math connect「今日の授業のひと工夫」)5下p.104では、円とその半径の長さを使ってかいた多角形が正六角形である理由を考えます。

    東京書籍(株) 算数・数学編集部

  10. 10 1人1台端末時代の学びをデザインする~学習者主体の学びを支えるICTの活用を通して~(特別課題124) 2024年1月29日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小中
    • 国語 社会 算数 数学 生活 道徳 ICT活用 

    GIGAスクール構想により、1人1台端末と高速ネットワークが学校に整備された。2020年からの2年間は、いかに端末に慣れるか、授業にどう取り入れるのか、などが話題の中心であった。しかし今後は、これらの環境を活用して、いかに学習者中心の学びを作っていくかが重要となる。一方で、学習者主体の学びは教師のこれまでの授業観を変容させる必要もあり、難しさが伴うことが指摘されている。また、デジタル教科書やクラウドツールなど、新たな学習リソースが活用できるなかでこれらを取り入れた学びをどのようにデザインしていけばよいのかについての知見は十分ではない。そこで、我々は、研究者と現場教員とで研究チームを組織し、これまでの授業の課題点を洗い出し、その課題点に対する改善策を具体的な授業デザインの形で提案することとした...

    東京教育研究所