• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

新着資料

  • 1/34ページ
  • 334件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 東研情報 2021年10月号(創刊号)教室に学習者用デジタル教科書がやってくる!!① 2021年10月4日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小中
    • ICT活用 

    本誌は、学習者用デジタル教科書の活用に関する最新の情報についてまとめた情報誌です。今号が創刊号となります。堀田博史先生(園田学園女子大学 教授)、中村めぐみ先生(つくば市教育委員会 指導主事)による巻頭言、小学校、中学校の実践事例、文部科学省、板倉寛課長(初等中等教育局 情報教育・外国語教育課 *執筆当時)によるStuDX Style の紹介など、多彩な情報を紹介します。

    東京教育研究所

  2. 2 教育課程部会(第124回) 配付資料 2021年7月1日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高
    • 理科 ICT活用 カリキュラム・マネジメント 

    今回配布された資料は「GIGAスクール構想のもとでの新学習指導要領の着実な実施について」「授業時数特例校制度について(概要) 」「『理科教育のための設備の基準に関する細目を定める省令』の一部改正について」ほかです。

    文部科学省

  3. 3 理科の学習におけるタブレット端末使用実践例 2021年5月17日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小
    • 理科 ICT活用 

    2021年よりGIGAスクール構想が本格実施となる中,本校では先行的に1学級分の台数のタブレット端末を導入し,「理科の見方・考え方を働かせながら,資質・能力を育成していく」ことを主眼として,タブレット端末を活用した学習活動を進めてきました。私自身の実践がヒントとなり,そこから活用方法の広がりが生まれることの一助となればと思い,今回,実践事例の一端をまとめさせていただきました。

    滋賀大学教育学部附属小学校 柳 哲平

  4. 4 とうほく東研ひろば 2021年5月号-GIGAスクール構想に向けて- 2021年5月6日 お気に入りに追加
    • 教育情報 
    • 小
    • ICT活用 

    本誌は,東京教育研究所東北分室の教育情報誌で,今日的な教育課題についての情報をご紹介します。今回は,「GIGAスクール構想に向けて」というテーマで,園田学園女子大学 人間教育学部 児童教育学科 堀田博史先生から,一人一台の情報端末等の整備は,その活用により,私たちの想像を超えた教育の改革をもたらす。その一つが遠隔教育ではないだろうかという提言をいただきました。また,弊社ICT事業部から,小学校ICT利活用の例として,「学習者用デジタル教科書」の活用例を紹介します。教師が教室で演示する指導者用デジタル教科書(教材)と異なり,児童にそれぞれアカウントを発行し,端末上で学習することができるというものです。

    東京教育研究所 東北分室

  5. 5 教室の窓「小学校・中学校 教育情報」Vol.63 2021年4月発行 2021年4月1日 お気に入りに追加
    • 教育情報 
    • 小中
    • ICT活用 

    本誌は,東京書籍が発行する小学校・中学校の教科情報など,最新の教育情報をご紹介する教育情報誌です。今回は巻頭言で,情報学研究者・起業家のドミニク・チェン先生に,コロナ禍で見えてきた新たなコミュニケーションのあり方,今後の可能性について,ご執筆いただきました。また,特集では「1人1台情報端末時代の新たな学び」と題して,令和3年度から本格的に始まる児童・生徒1人1台の情報端末配布に伴い,これから先どのような情報端末の活用がなされていくべきなのか,現在の実践を織り交ぜながら,多彩な事例を紹介します。その他,「若手の先生によるSNS活用術」や,「子どもの目が輝く動画作成」の方法などを取り上げました。

    東京書籍(株) 編集局

  6. 6 「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~(答申)(中教審第228号) 2021年3月31日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高他 
    • ICT活用 学校経営 特別支援教育 その他 キャリア教育 カリキュラム・マネジメント 

    令和3年1月26日の中央教育審議会・第127回総会において取りまとめられた「「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~(答申)」について,総論部分のポイント解説資料ならびに関連行事に関する情報が追加掲載されています。

  7. 7 学校教育法第三十四条第二項に規定する教材の使用について定める件の一部を改正する件の公布及び施行等について(通知) 2021年3月29日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高
    • ICT活用 特別支援教育 

    学校教育法第34条第2項に規定する教科用図書代替教材(「学習者用デジタル教科書」)の使用を各教科等の授業時数の2分の1に満たないこととする基準を見直すため,学校教育法第三十四条第二項に規定する教材の使用について定める件(平成30年文部科学省告示第237号)の一部を改正する件の公布及び施行について,通知されています。

    文部科学省

  8. 8 中央教育審議会 「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~(答申) 2021年1月28日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高他 
    • ICT活用 学校経営 特別支援教育 その他 キャリア教育 カリキュラム・マネジメント 

    令和3年1月26日の中央教育審議会・第127回総会において取りまとめられた「「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~(答申)」となります。

  9. 9 とうほく東研ひろば 2021年1月号-ICT 利活用- 2021年1月1日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小中
    • 社会 ICT活用 

    本誌は,東京教育研究所 東北分室の教育情報誌で,地域の教育実践などをご紹介します。今回は,「ICT 利活用」というテーマで,東北学院大学文学部教授 稲垣 忠先生と福島県郡山市立芳山小学校の小林 勇二先生から寄稿していただきました。稲垣先生からは,かつて提唱された個別の学びに寄り添うCAI(Computer Assisted Instruction),思考を拡張するためのノートサイズのコンピュータ「Dynabook 構想」,多様な人との関わりあいによる学びCSCL(Computer Supported Collaborative Learning)の3つの活用について,考察をまとめていただきました。そして,小林先生からは,コロナ禍におけるリモートワークを活かした授業実践例を紹介していただきまし...

    東京教育研究所 東北分室

  10. 10 中央教育審議会(第125回) 配付資料 2020年10月19日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高他 
    • ICT活用 学校経営 特別支援教育 小中連携 

    今回配布された資料は、「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して(中間まとめ)について」「生涯学習分科会における議論の整理について」「教育再生実行会議における検討状況について」ほかです。

    文部科学省