• 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

新着資料

  • 1/5ページ
  • 43件中
  • 1-10件 表示

年月

  1. 1 道徳地域資料(高知県)
    4年 三百年後の榧を夢みて
    2017年3月28日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 道徳 

    全国でも少ない榧(かや)の苗木を植える高知県の前川穎司(えいじ)さんを題材にした道徳地域資料です。最高級の囲碁盤などに使われる榧の木ですが,一人前に成長するまで300年かかり,栽培も非常に難しいといわれています。多くの困難があっても毎日山へ榧を植え続ける前川さんの姿を通じて,子供たちには強い意志や,自然への畏敬について考えてもらいたいと思います。  4年生向けの資料で,左側の資料(2017031541.docx,2017031542.pdf)は,内容項目のA-(5)「希望と勇気,努力と強い意志」を設定し,右側の資料(2017031543.docx,2017031544.pdf)は,内容項目のD-(2)「自然愛護」を設定し,対応する発問例を付しております。

    東京書籍株式会社(道徳編集部)

  2. 2 カリキュラム・マネジメントの視点に立った学校改善-学校組織運営の活性化と授業改善を通して-(特別課題シリーズ 63) 2017年3月28日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 学校経営 

    アクティブ・ラーニングは、平成27年の「論点整理」を基点として、学修者の能動的な学修を促す学習方法の視点から「主体的・対話的で深い学び」を実現する視点へと進化した。学びが能動的であるだけではなく、「深い学び」が実現しているかどうかという学びの質が問われるようになった。このことは、学びとは何かを考える上で極めて重要である。本誌で紹介した事例を参考に、今後の「主体的・対話的で深い学び」のモデル作成の手掛かりとなれば幸いである。(東研研究報告 No.286)

    東京教育研究所

  3. 3 貿易、TPP問題を子ども目線で捉えるアクティブラーニングの一実践 2017年3月27日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 英語 

    「日本における英語」あるいは「言語」といった視点から、英語(を学ぶこと)自体をアクティブラーニングの教材として研究した実践を紹介します。本実践は、2014年2学期に行いました。2017年春の今、TPPについては、アメリカの離脱表明によって宙に浮いた状態になっていますが、実践当時は、交渉、参加の是非が問われ論じられている真最中でした。よって、ここで述べるのは、2014年夏から秋にかけての状況に基づいています。子ども目線でTPPをどう考えられるようにするかを模索し、日本古来の主食である米を教材として単元構想をしました。

    愛知教育大学附属岡崎中学校教諭 天野万喜男

  4. 4 第2次学校安全の推進に関する計画について 2017年3月24日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高
    • 家庭 保健 保健体育 技術・家庭 学校経営 特別支援教育 特別活動 

    文部科学省では、学校保健安全法に基づき、平成24年に「学校安全の推進に関する計画」(以下「第1次計画」という。)を策定しております。第1次計画の計画期間(平成24~28年度)が終了することから、平成29年3月、「第2次学校安全の推進に関する計画」を策定しました。第2次計画では、学校における安全管理の充実、系統的・体系的な安全教育の推進等、学校安全に関する取組について、施策目標や具体的な推進方策を定めています。

    文部科学省

  5. 5 平成29年度に行われる教科用図書検定結果の公開について 2017年3月24日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小高
    • 道徳 学校経営 

    文部科学省では、国民の教科書に対する関心に応え、教科書への信頼を確保するとともに、教科書検定へのより一層の理解を得るため、平成28年度の検定に係る申請図書等検定関係資料を公開します。全国の公開会場、教科用図書検定結果の通年公開、文部科学省ホームページによる公開についてお知らせします。

    文部科学省

  6. 6 平成29年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校の内定等について 2017年3月24日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 高
    • 理科 学校経営 

    文部科学省では、将来の国際的な科学技術人材を育成することを目指し、理数系教育に重点を置いた研究開発を行う「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」事業を平成14年度から実施しております。このたび、平成29年度新規指定及び科学技術人材育成重点枠の採択に関する審査を行いましたので、お知らせします。※なお、本件については、平成29年度予算の成立を前提とするものです。

    文部科学省

  7. 7 条件つき確率を楽しく理解する ~忘れたとき,どこで忘れたか(傘忘れ)~ 2017年3月24日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 数学 

    条件つき確率と積事象の確率を混同,混乱する生徒は少なくない。その区別は時制,つまり「現在形」であるか「過去形」であるかで区別できる。「***であったとき,……である確率を求めよ。」と書いてあれば条件つき確率であり,「***であるとき,……である確率を求めよ。」と書いてあれば積事象の確率である。このことから問題文を読んだときに,求める確率が「条件つき確率」であるのかあるいは「積事象の確率」であるのかを区別できなければならない。 本稿では,生徒にとってこの違いがよくわかって,しかも楽しい題材を紹介する。 ※文中の数式は,「Tosho数式エディタ」で作成されています。ワード文書で数式を正しく表示するためには,「Tosho数式エディタ」が導入されていることが必要です。無償ダウンロードはこちら→無償ダ...

    山口県立岩国高等学校教諭 西元教善

  8. 8 学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議(第4回) 配付資料 2017年3月23日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高
    • ICT活用 

    学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議(第4回)配付資料についてお知らせします。

    文部科学省

  9. 9 いじめ問題に対応する学校改革①~ いじめを発見し、訴えをしっかり受け止める組織づくり ~ 2017年3月23日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 学校経営 

    いじめ自殺問題は現代社会の脅威のレベルにあると言えます。「いじめ防止対策推進法」という法律まで制定される事態です。校長として、私自身が学び、実践してきたことをもとに、具体的にどう学校を改革すれば、自殺を未然に防ぐ希望の学校をつくれるのかについて3回にわたって提案したいと考えています。

    岩手県雫石町立雫石小学校校長 齋藤卓也

  10. 10 算数・数学科の授業改善4 -子どもの考えを生かした学習指導-算数科「数量関係」/数学科「関数」(特別課題シリーズ62) 2017年3月22日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小中
    • 算数 数学 

    本冊子は, (視点1) 実態調査や意識調査などの実施による把握、(視点2) 授業の疑問や感想,自己評価などの記録による把握、(視点3) 誤答傾向やその背景となる実態の把握、(視点4) 問題(課題)やその提示を工夫して生かす、(視点5) 評価規準の設定および予想される子どもの反応と教師の手立てを明確にして生かす、(視点6) 教師の発問や練り上げの場を工夫して生かす、(視点7) 算数的活動・数学的活動を工夫して生かす、の7つの視点から実践のテーマを策定,本年度は扱う領域を算数科「数量関係」,数学科「関数」とし,小学校3編,中学校2編の事例をまとめたものである。(東研研究報告 No.288)

    東京教育研究所