東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

新着資料

  • 1/4ページ
  • 33件中
  • 1-10件 表示

年月

  1. 1 子ども元気、生き生き学級、いじめにもしっかり対応⑦ 10月の学級づくりのポイントみんなが輝く学習発表会(文化祭)に! 2018年10月18日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 学級経営 

    初めて学級担任をされている先生、20代の先生方、あっという間に10月を迎えました。2学期のスタートの指導は順調に行えたでしょうか。2学期は、いちばん長い学期であり、たくさんの行事がある学期でもあります。勉強や運動の取り組みにはいちばんよい学期といわれています。

    岩手県八幡平市立松野小学校校長 齋藤卓也

  2. 2 学校における働き方改革特別部会(第18回) 配付資料 2018年10月17日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高
    • 学校経営 その他 

    今回配布された資料は、「東京都教育委員会提出資料」「岐阜市教育委員会提出資料 」「時間外勤務抑制に向けた制度的措置の在り方について(意見のまとめ及び今後の方向性案)」「一年単位の変形労働時間制について」「公立学校の教育公務員の勤務時間等について」「妹尾委員提出資料」ほかです。

    文部科学省

  3. 3 身近な科学の話 ― 身近に捉えよう「密度」と「溶解度」 ― 2018年10月17日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 理科 

    中学に入ってから半年が経過しましたが、最近学んだ1分野の中から、密度と溶解度について復習し、身近な問題として考えてみましょう。

    元筑波大学教員免許更新講習講師 鈴木伸男

  4. 4 【東書教育シリーズ】(家庭科)移行期からの実践事例集-すぐに使えるワークシート入り- 2018年10月16日 お気に入りに追加
    • ワークシート 
    • 小
    • 家庭 

    新課程への移行期対応資料です。現行本の教科書を使用し,資質・能力を育成するための授業のヒントとなる実践事例を掲載しています。さらにワークシートや指導上のポイント,活動例などを掲載し,「深い学び」につながる活動が具体的に示され,すぐに授業でお使いいただけます。

    東京書籍(株) 家庭編集部

  5. 5 デジタルコンテンツ指導実践事例 2018年10月16日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 数学 

    数学Ⅰの2次関数の最大・最小の単元において,東書の高数指導書付属のDマイスター指導用DVD-ROMに収載されたデジタルコンテンツを活用した授業の実践事例

    国本女子高等学校 山根匡史

  6. 6 NEW HORIZON 1 Unit 8 「オリジナルチャンツを作ろう」の実践について 2018年10月16日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 英語 

    外国語科の目標である「簡単な情報や考えなどを理解したり表現したり伝え合ったりするコミュニケーションを図る資質・能力」を育成するためには,「知識及び技能」,「思考力,判断力,表現力等」,「学びに向かう力,人間性等」に関わる外国語特有の資質・能力を育成することが求められる。「知識及び技能」の内容として,「語と語の連結における音の変化」,「語や句,文における基本的な強勢」,「文における基本的なイントネーション」が,今回の改訂でも取り扱うように述べられている。 これらの事項をどのような言語活動で身に付けるかを考える必要がある。チャンツは,これらの事項を身に付けられる最適な言語活動であると考え,実践を行った。

    茨城県洞峰学園つくば市立谷田部東中学校 田代絵美

  7. 7 新学習指導要領を見すえた 地図帳活用事例集② 2018年10月15日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小
    • 社会 地図 

    小学校社会科・学習指導要領改訂のポイントに合わせた,地図帳の活用事例集の第2集です。「地図を楽しく学ぼう」(第3学年),都道府県の学習(第4学年),自然災害を防ぐ(第5学年),歴史学習における地図帳の活用(第6学年),日本とつながりの深い国々(第6学年),「世界に目を向けよう」(第4~6学年)の6テーマについて,地図帳の効果的な活用例を記載しました。授業の際のご参考にお役立てください。

    東京書籍(株) 社会編集部

  8. 8 新学習指導要領において,移行期からなすべきこと「即興で話す力」をつけるということは 2018年10月15日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 英語 

    新学習指導要領では,『話すこと』が「やり取り」と「発表」という2領域で示されている。「やり取り」の項目アでは「関心のある事柄について,簡単な語句や文を用いて即興で伝え合うことができるようにする。」とあり,「発表」では,同じくアの項目に「関心のある事柄について,簡単な語句や文を用いて即興で話すことができるようにする」とある。どちらも「即興」で伝え合ったり,「即興」で話したりする力をつけることが求められている。この「即興性」が今後の英語学習においてなぜ必要なのかということと,単数や複数の相手と「やり取り」をする場面や大勢の人に対して「発表」する場面を想定しながら,教室における日常での学習活動で,この即興性をどのように養えるのかということを考えてみたい。

    鎌倉女子大学教授 鈴木浩之

  9. 9 学校施設の防災対策セミナー2018 2018年10月12日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高
    • 学校経営 

    セミナーでは、これまでの災害で明らかになった課題に焦点を当て、その解決の一助とすべく、実際に災害のあった被災地の教育委員会や多くの被災現場を見てきた建築の専門家による講演、安全・安心な学校づくりに取り組む地方公共団体の事例等を紹介します。また、文部科学省からは、熊本地震を踏まえ、今後の学校施設整備に当たり、特に重要な課題についてとりまとめられた緊急提言のポイントや最新の施策を紹介します。

    文部科学省

  10. 10 【東書教育シリーズ】動画で分かる! 四つの「動きのパターン」行書ワークシート 2018年10月12日 お気に入りに追加
    • ワークシート 
    • 中
    • 書写 

    行書を書くときによく出てくる四つの「動きのパターン」を使って,行書を練習するワークシートです。四つの「動きのパターン」は映像で確かめることができます。小学校で学習する漢字を対象に,なぞり書きで動きを確かめながら段階的に練習できるように構成されています。新学習指導要領(平成29年告示)で追加された都道府県の漢字も掲載しています。

    東京書籍(株) 書写編集部