東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

新着資料

  • 1/2ページ
  • 20件中
  • 1-10件 表示

年月

  1. 1 魯迅「藤野先生」指導案・ワークシート 2018年8月21日 お気に入りに追加
    • 指導案 ワークシート 
    • 高
    • 国語 

    魯迅『藤野先生』指導案・ワークシートを紹介する。

    北海道帯広栢葉高等学校教諭 田口耕平

  2. 2 今後生徒に期待される英語運用能力と生徒の学習意欲について 2018年8月20日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 中
    • 英語 

    小学校において英語が教科化され,また,大学入試で外部試験の導入がされるなど,英語教育を取り巻く環境は著しく変化しています。これらは2016年の「英語教育の抜本的強化のイメージ」に沿ったものだと考えられますが,そこでは英語教育の到達目標として,高校生は英検準2級レベルの生徒が半数に,そして,中学生は英検3級レベルの生徒が半数になることが設定されています。

    山口大学教授 高橋俊章

  3. 3 素因数分解の一意性をもっと前面に出すための考察 2018年8月17日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 数学 

    拙稿「素因数分解の一意性について ~ 一意性をもっと前面に出そう ~ 」で整数の性質を指導する際に「素因数分解の一意性」をもっと前面に出したらどうであろうかという提案をした。というのは,これは整数の重要な性質であるからである。 教科書に載っている証明問題を「素因数分解の一意性」を用いるとどのようにできるのか,前稿では触れなかった問題に焦点を当ててみたい。 ※文中の数式は,「Tosho数式エディタ」で作成されています。ワード文書で数式を正しく表示するためには,「Tosho数式エディタ」が導入されていることが必要です。無償ダウンロードはこちら→無償ダウンロードのご案内

    山口県立高森高等学校教諭 西元教善

  4. 4 連載コラム「かがくのおと」 2018年8月16日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 小中高
    • 理科 

    「かがくのおと」にはふたつの意味をこめています。大学で科学にたずさわりながら記すノートでもあり,論文を書く澄んだ音,研究者たちと議論する熱い音,大学生たちに講義する静かな音,こうした現場の音でもあります。 2018年8月16日 第115回「染色体を1本につなぐ」を追加。

    筑波大学数理物質系物理工学域教授
     白木賢太郎

  5. 5 広い視野と論理的思考力を身に付けさせる指導の試み 2018年8月13日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    21世紀中盤の社会を中心で担い、22世紀世代を育てていく責任を負う現在の高校生には、全体の利益に資する判断が的確にできる社会の形成者に成長することを期待したい。複雑化する世界の中で求められるのは、普遍的な力や姿勢であり、すなわち論理的思考力や本質を捉える力のほか、他者への共感力や多様な価値観を認める姿勢である。これらの資質を身に付けさせることを目標に据え、その方法として、高等学校・地理Bの授業における実践を行った。

    栃木県宇都宮高等学校教諭 安達常将

  6. 6 なぜ3n>10000ならば3n>10001(nは自然数)なのか~生徒の疑問に答える~ 2018年8月10日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 数学 

    命題「N>10001ならばN>10000」は真である。しかし,その逆「N>10000ならばN>10001」は偽である。しかし,log103=0.4771とするとき,3n>10001を満たす自然数nを求める問題では,3n>10000を解いて求める。問題集にあるそのような解答を見てその解法に疑問を持った生徒がいた。 確かに「3n>10001を満たす自然数 n は,3n>10000を満たす。」というのであれば納得できるが,「3n>10000を満たす自然数nは,3n>10001を満たす。」というのは即座には納得しがたいというのである。  本稿では,この問題について生徒に納得がいくような説明と一般的な考察をする。 ※文中の数式は,「Tosho数式エディタ」で作成されています。ワード文書で数式を正しく...

    山口県立高森高等学校教諭 西元教善

  7. 7 身近な科学の話 「自由研究」 ― 実験・観察のポイント ―  2018年8月9日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 理科 

    理科の夏休みの宿題といえば「自由研究」が定番ですが、生徒自身が自由にテーマを選び、その内容を自主的・自発的に行うのが自由研究です。いざ、理科の自由研究を進めていこうとするとき、何が一番たいへんでしょうか。それは「何を研究したらよいか」、研究テーマを決めることです。

    元筑波大学教員免許更新講習講師 鈴木伸男

  8. 8 学校教育法等の一部を改正する法律の公布について(通知) 2018年8月8日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高
    • 国語 書写 社会 地図 地理 歴史 公民 地歴・公民・地図 算数 数学 理科 英語 生活 図画工作 音楽 美術 工芸 書道 家庭 体育 保健 保健体育 技術・家庭 情報 道徳 総合的な学習 ICT活用 学校経営 特別支援教育 特別活動 学級経営 言語活動 小中連携 

    今回の法律改正は,情報通信技術の進展等に鑑み,児童生徒の教育の充実を図るため必要があると認められる教育課程の一部において,また,障害のある児童生徒等の学習上の困難の程度を低減させる必要があると認められるときは,教育課程の全部又は一部において,教科用図書に代えてその内容を記録した電磁的記録である教材を使用することができることとする等の措置を講ずるものである。

    文部科学省

  9. 9 ~複素数の数値計算に関する一考察~ 2018年8月8日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 数学 

    恒等式を用いた数値計算は、式変形に劇的な美しさをもたらす。数式をがむしゃらに変形するのも若い高校生たちの通るべき道であると思う。ただ、その問題の背景を見せてあげられ、さらにその背景に自ら思いを寄せられる生徒を育てられたらと思う。

    國學院大學栃木高等学校教諭 宇賀神忠靖

  10. 10 ―原書で読む楽しみ―シャーロック・ホームズのすすめ(11-76)~英文法と構文理解の教材としての活用~ 2018年8月7日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 英語 

    英文法と構文理解の教材としての活用の76回め。今回は関係代名詞whatの用法についてです。

    神戸野田高等学校 犬飼建治