• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

資料室 高等学校 地歴・公民・地図の広場

資料室 授業に役立つ資料

  • 1/85ページ
  • 842件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 多様な視点を活用して、現代の諸課題を問い直す「倫理」の授業実践 ―中国思想による現代社会の政治や事件の探究を例に― 2021年10月11日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

     公民科の「見方・考え方」を理解して、自分のものにする授業をつくるには、どうすればよいのか。その手がかりが、先哲の思想(や概念・理論)を使って、現代社会や日常の課題を考察する学習活動にあると考え、実践研究をしてきた。本稿では、“中国思想”を現代の政治やニュースと関連させて探究する「倫理」の実践を紹介する。授業での対話や論述によって、社会と自己に向き合い、“温故知新”を実現する学びとなった。

    東京都立井草高等学校 杉浦 光紀

  2. 2 ニューサポート高校「社会」vol.36(2021年秋号)特集:資料活用 2021年9月1日 お気に入りに追加
    • 指導資料 教育情報 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    本誌は、東京書籍が発行する高校社会の教育情報誌です。来年度から実施となる新教育課程に向けて、地理歴史科および公民科において「資料活用」をどのように考えていくべきかというテーマで特集を組み、歴史では松沢裕作氏(日本近世・近代移行期史、村落社会史)、地理では谷謙二氏(人文地理学)、公民では北原武氏(公民科教育)から、それぞれご寄稿いただきました。また、「新科目コラム」として、地理(地理用語としての造山帯)、歴史(日本史学習で変わることと変わらないこと)、公民(「公共」とキャリア教育との関連)について紹介しています。

    東京書籍(株) 社会編集部

  3. 3 国語入試問題+αの風景(21)―古代中国(後漢)の一万銭は今の日本で何万円?― 2021年7月21日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 国語 地歴・公民・地図 

    早くに母を失った董永はひたすら父に孝養を尽くしたが、その父が死んだとき、葬儀費に窮して自ら身を売り一万銭を得る。これは漢代の有名な孝子伝説の1つで、立教大学や大阪大学、大阪市立大学などで入試問題として出題されたことがある。さて、今回考察したいのは、自らを奴隷として売る一万銭とは、今の日本の金銭価値でどのくらい(何万円くらい)になるか、ということである。自作の「漢文基礎常識」プリントも巻末に付す。

    埼玉県立浦和高等学校 滝本正史

  4. 4 歴史を現代に応用させる意識と思考力を育てる授業の実践 ―世界史B「産業革命」の単元から― 2021年7月15日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    近年の歴史学習では、暗記中心から歴史的思考力の育成への転換が世界的に進んでいる。本稿は、世界史B「産業革命」の単元において、「主体的・対話的で深い学び」を意識した上で、従来「暗記」が目的と生徒に認識されがちな歴史学習を、「現代に応用して課題解決につなげる」という目的に転換し、かつその意識を向上させ、思考力を育成することを目指した授業の実践報告である。

    東京都立荻窪高等学校 相川 浩昭

  5. 5 授業で使えたこんなモノ(12)駅にある地図 2021年7月5日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    高校地理の授業を楽しくする「授業で使えたこんなモノ」シリーズの第12回。学校の最寄り駅に見られる地図をきっかけとして、私たちの生活に身近な存在である地図への認識を深めます。

    千葉県立成田国際高等学校 石毛一郎

  6. 6 府兵制とはどのような制度か ~史料から考える世界史 [4]~ 2021年6月28日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    『世界史史料』(岩波書店)を用いた授業案の第4回は、府兵制について唐令の復原資料をもとに踏み込んだ学習を行うことで、武器・兵器とは何か、換言すれば武器・兵器とそれ以外のものとの境界は何かといった、現代にも通じる課題を考える授業案をご提案させていただきます。

    京都先端科学大学附属高等学校 齋藤忠和

  7. 7 陳勝・呉広の乱を題材に、歴史記述を考える ~史料から考える世界史 [3]~ 2021年6月2日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    『世界史史料』(岩波書店)を用いた授業案の第3回は、陳勝・呉広の乱について『史記』ではどう記述されているかという検証を通して、史料を批判的に読み解くことの大切さを学ぶ授業案をご提案させていただきます。

    京都先端科学大学附属高等学校 齋藤忠和

  8. 8 始皇帝は貨幣を統一した!? ~史料から考える世界史 [2]~ 2021年5月6日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    『世界史史料』(岩波書店)を用いた授業案の第2回は、秦の始皇帝が行った(とされてきた)「貨幣の統一」について、『史記』の記述とその解説から、教科書の記述と比較検討するいう授業案をご提案させていただきます。

    京都先端科学大学附属高等学校 齋藤忠和

  9. 9 授業で使えたこんなモノ(11)地球儀 2021年4月26日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    高校地理の授業を楽しくする「授業で使えたこんなモノ」シリーズの第11回。地球儀の作成を通して、平面地図とは異なる位置関係や距離、方位、対蹠点などを間近に捉え、地球のすがたに関する認識を深めます。

    千葉県立成田国際高等学校 石毛一郎

  10. 10 商鞅の変法(改革)を史料で考える ~史料から考える世界史 [1]~ 2021年4月12日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    史料を用いた世界史の授業を充実させることは、『世界史史料』(岩波書店)が出版されたときから構想していました。そこで、本年度は『世界史史料』を用いた授業案をいくつかご提案したいと思います。 まず本稿では、『世界史史料3 東アジア・内陸アジア・東南アジアⅠ』に収録されている『史記』「商君列伝」を題材に、「史料を読み解き、史料から学ぶ授業」をご提案させていただきます。

    京都先端科学大学附属高等学校 齋藤忠和