• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

資料室 中学校 理科の広場

資料室 授業に役立つ資料

  • 1/32ページ
  • 320件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 【東書教育シリーズ】探究する新しい科学 個別最適な学び 実践事例集 2021年10月4日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 理科 

    令和3年1月の中教審答申にて、「個別最適な学び」と「協働的な学び」を一体的に充実し「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指すことが掲げられました。本冊子は、その概要を解説するとともに、教科書やデジタルコンテンツを用いた具体的な授業例などを紹介しております。「個別最適な学びとは?」「理科では具体的に何をしたらよいの?」という疑問にお答えします。QRコードを使った資料やアンケートも用意してありますので、ぜひご覧ください。

    東京書籍(株) 理科編集部

  2. 2 教室の窓 北海道版(小・中学校)vol.29 特集:SDGs×コロナ 2021年5月11日 お気に入りに追加
    • 実践事例 教育情報 
    • 小中
    • 理科 道徳 学校経営 特別活動 

    「教室の窓 北海道版」は,小・中学校を対象とした北海道地域の教育情報誌です。SDGsに関する北海道の教育現場のさまざまな取り組みや実践を詳しくご紹介します。今回は,「SDGs×コロナ」というテーマを取り上げました。 本誌に掲載した実践例及び指導案は,北海道の「SDGs授業づくり研究会」の先生方に,実際の授業を行う上で使用された指導案を持ち寄り,研究会で検討を重ね改善した内容になっています。また,その実践のそれぞれの概要については,巻頭言で北海道教育大学名誉教授の大津和子先生に「コロナ・パンデミックとSDGs」というタイトルでまとめていただきました。

    東京書籍(株) 北海道支社

  3. 3 身近な科学の話 ―理科という教科で何を学ぶのか― 2021年4月27日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 理科 

    新年度が始まりました。今回は、「理科」とは一体どのような教科なのかということについて、歴史や対象とするもの、日本人科学者の歩みといった側面から考えてみます。

    元筑波大学非常勤講師 鈴木伸男

  4. 4 中学校理科地域教材(奈良県版・物体の運動の速さの変化) 2021年4月5日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 理科 

    奈良県発祥の伝統芸能である能の動きを,中学校理科「物体の運動の速さの変化」で取り上げました。 理科の学習とともに,地域の伝統芸能についても学習できます。

    金春流能楽師 金春穂高

  5. 5 身近な科学の話 ―サクラについてもっと知ろう― 2021年3月18日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 理科 

    サクラは春を代表する花で、美しいピンク色の花びらが一斉に咲きほこり、わずか2週間ほどで一斉に散っていく…その美しさとはかなさは古くから歌にうたわれ、文学に取り上げられるなど、日本人の心を魅了してきました。今回は、サクラの分類や成長、開花日の決まり方など、サクラについてさまざまな角度から考えてみます。

    元筑波大学非常勤講師 鈴木伸男

  6. 6 身近な科学の話 ―待ち遠しい「春」の訪れ―  2021年2月22日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 理科 

    多くの人が待ちこがれる季節は、春ではないでしょうか。毎年2月半ばになると、「桜開花予想」という言葉も聞こえ始めます。今回は、春の期間や春の見つけ方について、さまざまな角度から考えてみます。

    元筑波大学非常勤講師 鈴木伸男

  7. 7 身近な科学の話 ―今年の十二支の動物― 2021年1月25日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 理科 

    今年2021年の干支は「うし」であるとよく耳にしますが、厳密にはこれは正しくありません。また、十二支になぜ「猫」が入っていないのかと問う人もよくいます。今回は、「干支」についておさらいしながら、深掘りしてみます。

    元筑波大学非常勤講師 鈴木伸男

  8. 8 身近な科学の話 ―身近な道具と「てこ」の原理― 2020年12月22日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 理科 

    私たち人間は自分が出せる力の限界を知り、種々の道具や機械をつくって、重いものなどを動かしています。これらの道具や機械の基本的な原理のほとんどは、「てこ」の原理が使われています。皆さんは、小学6年で「てこ」について学習しましたが、中学校ではあまり大きく扱われません。しかし、「てこ」は科学の基本法則で、生活に密着した重要なことがらです。そこで、今回は「てこ」の働きについて考えてみます。

    元筑波大学非常勤講師 鈴木伸男

  9. 9 身近な科学の話 ―合金とメッキ― 2020年11月16日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 理科 

    中学1年の理科では、身の回りの物質とその性質について学びます。物質は大きく金属と非金属に分けられますが、今回はその金属の中でも、私たちの生活に深い関係がある「合金」と「メッキ」について考えてみます。

    元筑波大学非常勤講師 鈴木伸男

  10. 10 身近な科学の話 ―ものの浮き沈み― 2020年10月20日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 理科 

    日本のストーリー漫画の第一人者、手塚治虫氏の代表作『ブラック・ジャック』の中に、助手の少女がプールに入って体が浮いたことに驚く場面があります。なぜものが水に浮いたり沈んだりするのでしょうか。今回は、水中で物体にはたらく浮力について考えてみます。

    元筑波大学非常勤講師 鈴木伸男