• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

資料室 中学校 学校経営の広場

資料室 授業に役立つ資料

  • 1/20ページ
  • 196件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 教室の窓「小学校・中学校 教育情報」Vol.65 2022年1月発行 2022年1月1日 お気に入りに追加
    • 指導資料 教育情報 
    • 小中
    • 学校経営 

    本誌は、東京書籍が発行する、小学校・中学校の最新の教育情報をご紹介する教育情報誌です。今回の巻頭言では、上田まりえ先生に、「簡単に『伝える』ことができる今だからこそ」と題して、伝える人の顔を思い浮かべ、気持ちや考えを伝えることの大切さを綴っていただきました。また、特集では「ダイバーシティ&インクルージョン」とし、児童・生徒たちの多様性を理解し、どのような授業や学校運営がなされているのか、全国の学校での実践例などを紹介します。その他、若手の先生によるデジタル技術の活用法や、オンライン授業におけるよくあるトラブルの回避方法などを紹介します。

    東京書籍(株) 編集局

  2. 2 中学校の統廃合の進め方 ~学校の物的財産の継承~ 2021年9月2日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 学校経営 

    私はこれまで二つの中学校を閉校に導き、一つの町で四つの中学校を統合して、一町一中学校にすることに関わってきた。今後統廃合がますます多くなることを見越して、よりよい統廃合のあり方を情報として残し、お伝えしたい。連載最終回となる今回のテーマは、学校の統廃合において求められる、学校の物的財産の継承についてである。

    山形県高畠町立高畠中学校 菅野利和

  3. 3 中学校の統廃合の進め方 ~学校の知的・事務的財産の継承~ 2021年7月7日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 学校経営 

    私はこれまで二つの中学校を閉校に導き、一つの町で四つの中学校を統合して、一町一中学校にすることに関わってきた。今後統廃合がますます多くなることを見越して、よりよい統廃合のあり方を情報として残し、お伝えしたい。今回のテーマは、学校の統廃合において求められる、学校の知的・事務的財産の継承についてである。

    山形県高畠町立高畠中学校 菅野利和

  4. 4 若手・ 中堅教師のための研修ハンドブック-よりよい授業づくりに向けて- 2021年5月20日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 学校経営 

    教職経験の比較的少ない教師を対象としていますが,中堅教師が自分の授業を再点検したり,若手教師に対し指導助言したりする際にもご活用ください。現役時代の実践と経験及び先輩教師や管理職から学んだことなどをもとに本論を進めています。一方で,実践と研究・理論が相まってこそより意味のあることから,理論面についてもできるかぎり記載するようにしました。

    元東京都公立中学校校長 伊藤聡保

  5. 5 教室の窓 北海道版(小・中学校)vol.29 特集:SDGs×コロナ 2021年5月11日 お気に入りに追加
    • 実践事例 教育情報 
    • 小中
    • 理科 道徳 学校経営 特別活動 

    「教室の窓 北海道版」は,小・中学校を対象とした北海道地域の教育情報誌です。SDGsに関する北海道の教育現場のさまざまな取り組みや実践を詳しくご紹介します。今回は,「SDGs×コロナ」というテーマを取り上げました。 本誌に掲載した実践例及び指導案は,北海道の「SDGs授業づくり研究会」の先生方に,実際の授業を行う上で使用された指導案を持ち寄り,研究会で検討を重ね改善した内容になっています。また,その実践のそれぞれの概要については,巻頭言で北海道教育大学名誉教授の大津和子先生に「コロナ・パンデミックとSDGs」というタイトルでまとめていただきました。

    東京書籍(株) 北海道支社

  6. 6 中学校の統廃合の進め方 ~自信を高め、表現力を高める学校経営のあり方~ 2021年5月10日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 学校経営 

    私はこれまで二つの中学校を閉校に導き、一つの町で四つの中学校を統合して、一町一中学校にすることに関わってきた。今後統廃合がますます多くなることを見越して、よりよい統廃合のあり方を情報として残し、お伝えしたい。今回のテーマは、統廃合によりさまざまな困難に直面するであろう生徒たちが、問題に主体的に向き合い、乗り越えていく上で求められる「学力」とは何かについてである。

    山形県 高畠町立高畠中学校 菅野利和

  7. 7 未来志向の学校経営―学びを支える環境づくりと人材育成―/現代学校経営シリーズ(67) 2021年4月1日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小中
    • 学校経営 

    令和元年12月に中教審から,2020年代を見据えた学校教育の姿が示された。それは,個別最適化された学びの実現と学びを支える環境づくりである。しかし,新型コロナウイルスの感染拡大に伴って学びの環境が大きく変わり,学校は休校を余儀なくされた。終息が見えない状況が続くなかで臨時休業の対応やアフターコロナの教育を考えていく取組も見られた。一方,文科省は「GIGAスクール構想」を前倒しで実施するという。教育の情報化の推進に拍車がかかることが十分予想できる。ICTの利活用やプログラミング教育,さらに,令和4年度を目途に小学校高学年の教科担任制の導入等,課題は多い。これらの課題を解決するためには,教育環境の整備と人材育成は不可欠と考えた。事例を執筆した6人の研究委員は,サブテーマの「学びを支える環境づくりと人材育成」を念頭に,「未来志向の学校経営」として新たな教育の創造に努力している校長である。(東研研究報告 No.324)

    東京教育研究所

  8. 8 コロナ禍での学校の危機管理対応と安全教育の充実-管理職のリーダーシップと教職員の意識改革-(特別課題シリーズ95) 2021年3月29日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小中
    • 学校経営 学級経営 

    新型コロナウイルスの感染拡大により,この危機を乗り越えようと各学校では,感染防止の観点から教職員が一丸となって対応してきた。管理職のリーダーシップによる危機管理対応と子供たちへの安心・安全な学校環境づくりの重要性が今も強く求められている。併せて新型コロナウイルス対策で外出自粛が求められ,家庭内での児童虐待の増加も懸念されている。その他,コロナ禍でのいじめや不登校,インターネット・スマホに関わる問題等についても重要課題になっている。子供の生命と安全を守ることは,学校の最大の使命であり,責務である。本研究委員会では,本年度の研究テーマを「コロナ禍での学校の危機管理対応と安全教育の充実」と設定し,メンバーが心を一つにして研究を推進することにした。(東研研究報告 No. 329)

    東京教育研究所

  9. 9 管理職を目指す教員の育成〜これからの学校教育を創造するために〜(特別課題シリーズ93) 2021年3月12日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小中
    • 学校経営 学級経営 

    本研究テーマ設定の背景には,学校管理職を目指す教員の減少という問題がある。学校は,子供たちの心身の発達に応じて,体系的な教育を組織的に進めていくことを使命としている。学習指導要領が改訂され,各学校では,アクティブ・ラーニングの視点からの授業改善を進め,子供たち一人一人に資質・能力を育む教育活動を推進している。管理職を目指す教員の減少という問題は,学校組織を支える教職員や関係者とともに,組織的・協働的に教育活動を推進し,これからの学校教育を創造するリーダーが不足することを意味する。では,いかにして管理職を目指す教員を育成していくか,それが本研究の課題である。5名の研究委員が1章ずつを担当し,管理職候補者育成の現状や取組について,様々な視点から執筆することとした。(東研研究報告 No.327)

    東京教育研究所

  10. 10 中学校の統廃合の進め方 ~生徒の自信を高め、表現力を高める学校経営のあり方~ 2021年3月8日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 学校経営 

    山形県では、中学校・高等学校の再編統合が毎年のように行われている。その原因は、急速な少子化や施設の耐震化の問題,産業構造の変化などさまざまである。私はこれまで二つの中学校を閉校に導き、一つの町で四つの中学校を統合して、一町一中学校にすることに関わってきた。本稿では、私のこれまでの経験を踏まえ、よりよい統廃合のあり方と統廃合へ向けての学校経営のあり方についてお話ししたい。

    山形県 南陽市立沖郷中学校 菅野利和