• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

資料室 中学校 英語の広場

資料室 授業に役立つ資料

  • 1/1ページ
  • 7件中
  • 1-7件 表示
  1. 1 【東書教育シリーズ】平成28年度版 NEW HORIZON
    新学習指導要領の円滑な実施に向けた移行資料『It's the time ... (2)-移行期から始める中高関連の指導-』
    2018年9月12日 お気に入りに追加
    • 指導資料 指導要領 
    • 中
    • 英語 

    新学習指導要領実施への移行期間に対応した中学校英語科教授用資料です。福井大学名誉教授 大下邦幸先生にご監修をいただき,移行資料の第二弾として,中高接続の視点から中学校の先生方にご活用いただける内容をまとめました。資料の前半では,移行期における年間指導計画の考え方と計画例を掲載し,そちらの年間指導計画例に沿って,現行版NEW HORIZONをご指導いただく際の発展的な指導例を掲載しています。また,資料の後半では,新学習指導要領について,高等学校の改訂のポイントと中高関連表を掲載しています。

    東京書籍(株) 英語編集部

  2. 2 (平成28年度版 NEW HORIZON) 新学習指導要領の円滑な実施に向けた移行資料 It's the time … -移行期に求められる授業のあり方- 2018年1月15日 お気に入りに追加
    • 指導資料 指導要領 
    • 中
    • 英語 

    新学習指導要領実施への移行期間に対応した中学校英語教授用資料です。福井大学名誉教授 大下邦幸先生にご監修をいただき,小中接続の視点から,中学校の先生方にご活用いただける内容をまとめました。資料の前半では,移行期間における小学校の指導内容を掲載し,小学校外国語活動や外国語科でどのような表現や語彙が扱われているのかをご確認いただけます。また,資料の後半では,小学校での学習状況を踏まえて,現行版NEW HORIZON Book 1の各Unitをご指導いただく際の発展的な指導例を掲載しています。指導例では,活動の中で使用する生徒用ワークシートも用意しておりますので,ご自由に複写等をしてご活用ください。なお,新学習指導要領への移行措置については,「教室の窓『小学校・中学校 教育情報』Vol.53」(2018年1月発行)の英語の特集ページ(pp.12-15)もあわせてご参照ください。

    東京書籍(株) 英語編集部

  3. 3 【東書教育シリーズ】中学校外国語 新学習指導要領を読み解く
      - 6 つの観点で考えるこれからの学び-(新学習指導要領に向けて)
    2017年10月19日 お気に入りに追加
    • 指導資料 指導要領 
    • 中
    • 英語 

    新学習指導要領のポイントである「英語で授業」,「CAN-DO」,「小中接続」,「文,文構造及び文法事項」,「語彙」,「デジタル」の6点について,それぞれに精通した先生方に解説していただいた資料です。後半には,小学校外国語活動,小学校外国語,中学校外国語の新学習指導要領を,項目ごとに比較・対照できる一覧表も載せています。

    東京書籍(株) 英語編集部

  4. 4 中学校英語 学習指導要領改訂のポイント 2008年9月25日 お気に入りに追加
    • 指導要領 
    • 中
    • 英語 

    2008(平成20)年3月28日に告示された学習指導要領の解説。東書教育シリーズ。「学習指導要領のポイント解説」,「学習指導要領に関するQ&A」で構成しました。

    東京書籍(株) 英語編集部

  5. 5 中学校英語 学習指導要領に関するQ&A 2008年9月25日 お気に入りに追加
    • 指導要領 
    • 中
    • 英語 

    中学校英語 学習指導要領に関するQ&A
    東書教育シリーズ「中学校英語 学習指導要領改訂のポイント」
    [Q]
    1.外国語の目標が、現在の「聞くことや話すことなどの実践的コミュニケーション能力の基礎を養う」から「聞くこと、話すこと、読むこと、書くことなどのコミュニケーション能力の基礎を養う」に変わりましたが、この変更点について説明してください。
    2.言語活動の指導項目が増えましたが、具体的にはどのような内容ですか。
    3.4つの技能のコミュニケーション能力を総合的に育成するための教材とはどのようなものでしょうか。
    4.基礎・基本の定着と発展的な学習との関連はどのように考えたらよいでしょうか。
    5.到達度目標の設定と評価についてはどのようにすればよいでしょうか。
    6.小中の円滑な接続を図るうえで、どのようなことに配慮したらよいでしょうか。
    7.指導する新語数は「900語程度まで」から「1200語程度」となりましたが、語彙指導はどのように変わりますか。
    8.連語、慣用表現の選択と取扱いはどのようにしたらよいでしょうか。
    9.文法事項の取扱いについての規定が増えていますが、文法事項の取扱いについて説明してください。
    10.文法事項の中の数項目で、「基本的なもの」という制限が削除されましたが、これらの項目の取扱いに変化があるでしょうか。
    11.文法事項の扱いで「理解の段階にとどめること」という制限が削除された項目がありますが、これらの扱いはどのように変わるのでしょうか。
    12.言語材料の取扱いで、「発音と綴りとを関連付けて指導する」とは、どのような指導のことでしょうか。
    13.教材の題材例に、伝統文化と自然科学が追加されましたが、どのような内容が教科書で扱われることになるのでしょうか。
    14.辞書指導にはどのように取り組んだらよいでしょうか。
    15.小学校外国語活動での『英語ノート』について説明してください。

    東京書籍(株) 英語編集部

  6. 6 中学校学習指導要領 外国語(英語) 英訳版・小学校「外国語活動」英訳版 2008年8月22日 お気に入りに追加
    • 指導要領 
    • 小中
    • 英語 

    2008(平成20)年3月28日に告示された学習指導要領の小・中学校英語の英訳版です。「2008 COURSE OF STUDY for Junior High Schools Foreign Languages (English)」,「COURSE OF STUDY for Elementary Schools Foreign Language Activities」。学習指導要領の英語版と日本語版を併記。ALT用の「Notes」付き。東京書籍オリジナルの翻訳です。

    東京書籍(株) 英語編集部

  7. 7 中学校学習指導要領新旧対照表(外国語) 2008年4月2日 お気に入りに追加
    • 指導要領 
    • 中
    • 英語 

    2008(平成20)年3月28日に告示された中学校学習指導要領について、東京書籍で新旧対照表を作成しました。新旧対照表には、備考欄を設け、変更点を付記しています。

    東京書籍2008年4月作成