• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

資料室 小学校 体育(保健)の広場

資料室 授業に役立つ資料

  • 1/1ページ
  • 6件中
  • 1-6件 表示
  1. 1 『日本人なら知っておきたい! モノの数え方えほん』 2015年12月10日 お気に入りに追加
    • エッセイ 動画 
    • 小中高
    • 国語 社会 地歴・公民・地図 算数 数学 理科 生活 家庭 体育 保健体育 技術・家庭 総合的な学習 学校経営 

    『日本人なら知っておきたい! モノの数え方えほん』
    発行 株式会社 日本図書センター (2015年6月25日)
    わたしたちの身のまわりには、たくさんのモノがありますが、それぞれのモノには「数え方」のルールがあります。本書では、59の「数え方のルール」について、紙面に登場する三人の人物が「生きものの林」「人の里」「食べものの池」「身近なものの谷」「一本の峠」「エピソードの小道」を巡りながら紹介しています。数分間で見ることができる、コンパクトな図書紹介の動画です。 どうぞご覧ください。

    東京書籍(株)教育サポートセンター

  2. 2 『Q&Aでわかる! はじめてのスポーツボランティア④オリンピック・パラリンピックに参加!』 2015年8月27日 お気に入りに追加
    • エッセイ 動画 
    • 小中高
    • 体育 保健体育 学校経営 

    『Q&Aでわかる! はじめてのスポーツボランティア④オリンピック・パラリンピックに参加!』
    監修 日本スポーツボランティアネットワーク
    発行 株式会社ベースボール・マガジン社(2014年12月15日) 

    スポーツには「する・みる・ささえる」の3つの楽しみかたがありますが、本書は「ささえるスポーツ」として注目されている「スポーツボランティア」の楽しみかたを知っていただくために作成されています。
    オリンピック・パラリンピックにおける「スポーツボランティア」の活動内容、1998年の長野大会の事例として、メダリストに花束を贈呈した子どもたちのようす、長野市内の各小学校・中学校が長野大会に参加する国・地域のうち、事前にわりふられた相手国とさまざまな活動を行う「一校一国運動」など、「ささえるスポーツ」として携わる人々の活動を紹介しています。数分間で見ることができる、コンパクトな図書紹介の動画です。
    どうぞご覧ください。

    東京書籍(株)教育サポートセンター

  3. 3 東日本大震災アーカイブ宮城 2015年6月16日 お気に入りに追加
    • リンク集 その他 
    • 小中高
    • 社会 地図 地歴・公民・地図 理科 体育 保健体育 学校経営 

    東日本大震災アーカイブ宮城についてお知らせします。

    宮城県

  4. 4 健康観はパンドラの箱? 2012年12月7日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 小中
    • 体育 保健体育 

    健康とは,健康観とは何だろうか。世界共通の概念があり得るだろうか。WHOの実現しなかった定義改正をもとに考察する。

    筑波大学体育系教授 野村良和

  5. 5 子どもスポーツ指導の一考察 2011年7月1日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 小中
    • 体育 保健体育 

    最近、テレビや新聞、週刊誌などで、スケートの村上佳菜子、卓球の石川佳純、水泳の細田梨乃選手など、いろいろな分野で中学生時代から日本トップクラスの成績を出すジュニアスポーツ選手の活躍が取り上げられている。しかし全てが順調にいっているわけではない。筆者は,ジュニアスポーツ選手の育成の現状,問題点,今後の展望に関して明確な分析と提案を行っている。

    静岡大学教授 伊藤 宏

  6. 6 ワールドカップが終わって 2002年7月23日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 小中
    • 体育 保健体育 

    [本文より]ワールドカップ・イングランド大会(1966年)は,当時,高校生だった私が初めて見たワールドカップであった。もちろん,それはサッカーの月刊誌によってであり,同大会の終了後に制作され,上映された映画「ザ・ゴール」によってであった。日本が東京オリンピック(1964年)で金星を上げ,メキシコオリンピック(1968年)では銅メダルを獲得する成績を残しても,サッカーの真の世界大会はワールドカップであり,「ザ・ゴール」で見たあのスタジアムから溢れんばかりの大観衆が,世界のサッカーは日本のそれとはまったく違うことを私たちに気づかせてくれた。甲子園で盛り上がる野球とは違い,グラウンドの片隅で細々と行う当時の日本のサッカーは,世界のレベルを考えたとき,悲しいほどさみしいものであった。

    筑波大学附属駒場中・高等学校教諭 小澤治夫