• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

資料室 小学校 英語の広場

資料室 授業に役立つ資料

  • 1/12ページ
  • 116件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 発見! 世界つなぎ人〜日本文化にたずさわる外国出身の方に取材しました〜 2020年10月22日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 小
    • 英語 

    日本には,日本の伝統的な文化に興味を持ち,活躍する外国出身の方がたくさんいます。本特集では,その方々の母国の文化や日本の魅力について,取材してお聞きした話をシリーズでご紹介します。

    東京書籍(株) 英語編集部

  2. 2 「教室の窓」小学校英語版「Starting Out」 第8号 2020年9月23日 お気に入りに追加
    • その他 
    • 小
    • 英語 

     編集部一同、待ちに待った教科としての英語の授業が、新型コロナウイルスの感染拡大による休校措置の影響で、予想外の形で始まることになりました。このような未曾有の事態に全力で対処されている教育委員会・小学校の先生方に対して、小学生の子を持つ親として、心より感謝申し上げます。
     そのような異例の事態を考慮し、今号は予定を急遽変更して、「オンライン学習」を特集のテーマに設定いたしました。ICTに積極的に取り組まれている埼玉県の2校への取材を通じて、たくさんのヒントを頂戴することができました。ぜひ、ご一読いただけましたら幸いです。
     新型コロナウイルスの問題に限らず、この地球上には温暖化や人種差別など、さまざまな問題が存在しています。お互いを知り、お互いを尊重し合う相互理解こそが、そのような問題を解決に導くカギになると考えています。その意味でも、英語が担う役割は一層、重要になるでしょう。
     このたび、前編集長・榮彰子よりバトンを受け取りました。未来を担う児童のために、また指導される先生方のために、われわれ編集部は一体何ができるのか――。常に自らに問いかけながら、よりよい教科書づくりに励みたいと存じます。
     今後とも変わらぬご指導をよろしくお願い申し上げます。

    東京書籍(株) 英語編集部

  3. 3 シリーズ連載「アトランタ便り」 2020年6月9日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 小
    • 英語 

    東京都港区,ホノルル,アトランタ在住。CALAインターナショナル代表。言語文化国際教育スペシャリストとして国内外での教師養成研修指導者,CALAワークショップ会長, ハワイ研修センター所長の阿部フォード恵子(Keiko Abe-Ford)先生からの、今のアメリカの小学校のようすをシリーズでレポートしていただきます。

    CALAインターナショナル代表 阿部フォード恵子

  4. 4 [小学校英語]令和2年度版 NEW HORIZON Elementary
    4線シート,4線付フォント(サンプル版)データ
    2020年2月1日 お気に入りに追加
    • その他 
    • 小中
    • 英語 

    東京書籍の小学校外国語科用教科書『NEW HORIZON Elementary』では,新たに開発した特別支援対応の書体とそれに合わせた4線が使用されています。そちらの4線を使用したシートと書体のサンプル版のデータをご用意しました。中学校のご指導でも,ご参考にしていただければ幸いです。

    東京書籍(株) 英語編集部

  5. 5 教材『魔法のアルファベット練習ノート』のご紹介~効果的な文字指導のために~ 2020年1月31日 お気に入りに追加
    • その他 
    • 小
    • 英語 

    2020年度から始まる新学習指導要領では,小学校5,6年に「読む」「書く」の指導が加わります。中でもアルファベットの読み書きについては,小学校段階での定着が求められています。小学校英語用教材『魔法のアルファベット練習ノート』は,教科書『NEW HORIZON Elementary』に準拠して,段階的・体系的に読み書きの基礎となる力を育成します。

    東京書籍(株) 英語編集部

  6. 6 「教室の窓」小学校英語版「Starting Out」 第7号 2020年1月29日 お気に入りに追加
    • その他 
    • 小
    • 英語 

     2020年―。オリンピック・パラリンピックイヤーのこの年に、日本初の小学校英語の教科書が誕生します。先生方には、改めてお世話になります。どうかよろしくお願い申し上げます。
     振り返れば、本誌『Starting Out』の創刊号発行は遡ることおよそ4年。「はじめよう!」を合言葉に、小学校の先生方とともに、この情報誌を通じて同じスタートラインに立たせていただけたらと願った当時がとても懐かしく思い出されます。紙面の作成にあたって、実際に全国でがんばっておられる先生方からたくさんのことを学ばせていただきました。そのお姿に、どれほどの勇気や希望をいただけたことでしょう。先生方とともに歩んだ歳月が、私たち編集部の宝です。
     この度、第7号では、いよいよ春から供給される教科書『NEW HORIZON Elementary』の内容について、その考え方と扱い方をご紹介いたします。わが子のように大切に育てた教科書が、子供たちの手に、そして先生方の手にお届けできる日のことを思うと、感無量です。
     この先も、「みんなが英語を好きになる」教科書をめざして、少しでも多くのニーズにお応えできますよう、精進を重ねてまいります。

    東京書籍(株) 英語編集部

  7. 7 てくてく えいごりら~全国の授業見学レポート~ 2019年3月29日 お気に入りに追加
    • その他 
    • 小
    • 英語 

    このコーナーでは,わたくし,えいごりらが全国の学校を訪問し,授業の様子や学校の取り組みをレポートしていきます。第1回は2018年12月12日から、随時ご紹介していきます。

    東京書籍(株) 英語編集部

  8. 8 「教室の窓」小学校英語版「Startting Out」 第6号 2018年10月1日 お気に入りに追加
    • その他 
    • 小
    • 英語 

     平成30年4月から、ついに移行期がはじまりました。日本初 の小学校外国語科検定教科書のモデルとされる先行実施用新教 材(文部科学省発行)の『We Can!』(高学年用)と『Let's Try!』 (中学年用)が配布され、すでに全国のほぼすべての小学校でこ れらを使用した対応がなされていると伺います。
     新教材の最大の特長は、「Let's Watch and Think」などの 活動に用意された豊富なデジタル教材です。新学習指導要領に「児童が身に付けるべき資質・能力や児童の実態、教材の内容などに 応じて、視聴覚教材やコンピュータ、情報通信ネットワーク、教育 機器などを有効活用し、児童の興味・関心をより高め、指導の効 率化や言語活動の更なる充実を図るようにすること」と明記さ れたことへの工夫です。
     とりわけ英語教育においては、児童がコミュニケーションの目 的や場面、状況などを意識した活動を行うために欠かせない教 具であるとして、デジタル教材を重視するお声も多く聞かれます。
     第6号となります『Starting Out』では、「デジタル教材」の特 集を組ませていただきました。まだはじまったばかりの移行期で すが、「みんなが英語を好きになる」ための環境づくりに懸命に取 り組まれる先生方のお姿に、たくさんの勇気をいただく毎日です。

    東京書籍(株) 英語編集部

  9. 9 「教室の窓」小学校英語版「Startting Out」 第5号 2018年4月1日 お気に入りに追加
    • その他 
    • 小
    • 英語 

    移行期に大切にしたいこと

     本誌『Starting Out』も、おかげさまで第5号。ご愛読いただいている皆さまには心より御礼申しあげます。  全国の「がんばる先生」方と共に歩ませていただいて、はや二度目の春を迎えます。文部科学省より新教材が配付され、移行期を迎えられることに感無量です。
     2020年の新課程を前に、小学校における英語教育の教科化、早期化がいよいよ現実となります。歴史的瞬間を目前にして、十分に配慮し、大切にしたいと思う子供たちがいます。平成19年生まれの、この春新5年生となる子供たちです。この子たちは全く外国語活動を体験していません。にもかかわらず、教科小学校外国語科が求める学習内容を通常の半分以下の時数で習得しなければなりません。3〜6年の210時間分が、年50時間×高学年2年間の100時間扱いとなってしまうのです。
     中学校に行けば、1・2年生ではいったん現行本になるものの、3年生になるとき新課程本になります。仮定法を扱う、あの新課程3年生本です。
     生まれる年はだれにも選べません。わたしたち編集部も、すべての子供たち・指導者たちの気持ちに寄り添える「優しい教材づくり」を目指し、今後も情報を全力で発信していきたいと思います。

    東京書籍(株)小学校英語編集部

  10. 10 「教室の窓」小学校英語版「Startting Out」 第4号 2017年10月1日 お気に入りに追加
    • その他 
    • 小
    • 英語 

    いざ出発!!

     今年3月の新学習指導要領、6月の移行対応および解説書の告示を受けて、いよいよ新課程で実施される外国語教育の考え方や教材の扱い方が浮き彫りになりはじめました。日本初の小学校外国語科検定教科書のモデルとされる先行実施用新教材(文部科学省発行)も、今年度内には高学年用・中学年用と順次公表されていきます。
     小学校におかれましては平成30・31年度に、中学校におかれましては平成30~32年度にかけて、移行期への対応をどのように進めようかとお考えになられていることと思います。小学校・中学校それぞれの先生方の様々な思いがおありのことでしょう。とりわけ外国語科については、小学校と中学校の学習内容をつなぐことは、たやすいことではありません。限りある時間数の中で、子供たちが発達段階に応じて、何を、どのように学ぶか、何ができるようになるかを、これから日本全体で考えていかねばなりません。
     第4号となります『Starting Out』では、こうした時期での発行に際して「小中連携」の特集を組ませていただくことにいたしました。グローバル人材の育成を大きな柱にかかげる新課程の成功の鍵がここにあるような気がします。
     少しでもご参考いただけますページをご用意できておりましたら幸いです。

    東京書籍(株)小学校英語編集部