東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

資料室 小学校 英語の広場

資料室 授業に役立つ資料

  • 1/19ページ
  • 185件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 「自作教材づくりの工夫」 2018年9月25日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小
    • 英語 

    「自作教材づくり」は子どもの実態、教科経営、学習指導環境等により「見直し」の連続だと思う。小学校での英語学習指導における3つの実践を通して「自作教材づくりの工夫」について考えてみたい。

    元坂出市立坂出中学校教頭 佐藤隆之

  2. 2 とうほく東研ひろば 2018年9月号-小学校 外国語科の指導と評価について- 2018年9月1日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小
    • 英語 

    「小学校 外国語科の指導と評価について」というテーマで、理論と小学校の実践事例を紹介します。

    東京教育研究所 東北分室

  3. 3 「小学校英語導入」の課題と実践例 2018年7月10日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 英語 

    小学校中学年での「外国語活動」の導入、高学年での「外国語科」としての教科化に向け、課題の1つとして、多くの小学校教員が自身の英語力と英語の指導法に不安をもっているということが挙げられる。2020年度の新学習指導要領完全実施を前に、「学校英語の充実に向けての課題と実践例」について以下に記述する。

    東京都三鷹市立高山小学校教諭 川崎優子

  4. 4 【東書教育シリーズ】小学校英語教授用資料 学級担任が行う小学校英語指導案集 2018年6月26日 お気に入りに追加
    • 指導案 
    • 小
    • 英語 

     外国語の文字指導を小学校の学級担任が主となって行う為の指導案集です。各活動を15分で構成していますので,短時間学習でも扱えます。教育シリーズ「学級担任が行う小学校英語指導案集」のデータと,そちらに掲載しきれなかった指導案,ワークシートも加えてあります。

    川崎市立小学校教諭 小針由美子・知念清志スチュワート

  5. 5 『We Can!』『Hi, friends!』併用指導案
    『Let's Try!』指導案
    2018年6月20日 お気に入りに追加
    • 指導案 
    • 小
    • 英語 

     平成30年度,31年度は小学校学習指導要領の移行期にあたり,各学校には文部科学省より『We Can!』,『Let’s Try!』が配布されます。各学校では,これらの教材を活用しながら,さまざまな実態に応じたカリキュラムを作成することが求められます。
     本項では,多様な使用実態に対応した複数のカリキュラム案および指導案を掲載しております。各学校におけるカリキュラム・マネジメントの参考資料としてご活用いただければ幸いです。
     掲載ページへの入り口は「Junior Horizon 小学校英語の広場」にあります。

    東京書籍(株) 英語編集部

  6. 6 小学校英語(平成30[2018]年度用)
    『We Can!』,『Hi,friends!』併用指導案 35時間対応
    2018年6月18日 お気に入りに追加
    • 指導案 
    • 小
    • 英語 

    平成30年度は学習指導要領の移行期にあたります。移行期用の教材として,文部科学省が発行する『新学習指導要領対応小学校外国語教材 We Can!』が各学校に配布されます。各学校では,従来の『Hi, friends!』(各学年35時間相当)と『We Can!』(各学年70時間相当)を組み合わせて,指導を行うことが求められます。 本項では,独自教材などと合わせたカリキュラム作成を行う学校向けに,『Hi, friends!』と『We Can!』の指導内容のなかから新課程で必要とされるポイントを組み合せて,35時間分の指導案を作成しました。移行期におけるカリキュラムマネジメントの参考資料としてお役立ていただければ幸いです。

    東京書籍(株) 英語編集部

  7. 7 小学校英語(平成30・31[2018・2019]年度用)
    『Let's Try!』指導案 15時間対応
    2018年5月24日 お気に入りに追加
    • 指導案 
    • 小
    • 英語 

    平成30年度から,文部科学省が発行する外国語活動用教材『Let’s Try!』が各学校に配布されます。平成30・31年度の学習指導要領の移行期に15時間で外国語活動を行う場合は,新課程への接続が円滑に行われるように配慮しながら,『Let’s Try!』の35時間分のカリキュラムの中から必要な部分を選択して指導を行う必要があります。本資料は『Let’s Try!』を15時間で使用するための指導案です。移行期におけるカリキュラムマネジメントの参考資料としてお役立ていただければ幸いです。

    東京書籍(株) 英語編集部

  8. 8 小学校英語(平成30・31[2018・2019]年度用)
    『We Can!』,『Hi, friends!』併用指導案 (50時間対応)Ver.2
    2018年5月10日 お気に入りに追加
    • 指導案 
    • 小
    • 英語 

    平成30年度,31年度は,学習指導要領の移行期にあたります。移行期用の教材として,文部科学省が発行する『新学習指導要領対応小学校外国語教材 We Can!』が各学校に配布されます。各学校では,従来の『Hi, friends!』(各学年35時間相当)と『We Can!』(各学年70時間相当)を組み合わせて,50時間分の指導を行うことが求められます。本項では,『Hi, friends!』と『We Can!』の指導内容のなかから新課程で必要とされるポイントを組み合せて,50時間分の指導案を作成しました。移行期におけるカリキュラムマネジメントの参考資料としてお役立ていただければ幸いです。

    東京書籍(株) 英語編集部

  9. 9 若い教師のための授業改善ヒント集 第5集(小学校編)(特別課題シリーズ 68) 2018年3月19日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 小
    • 英語 道徳 学級経営 生活指導 

    若い先生方に読んでいただきたいと思って授業改善ヒント集を作成し続けてきたが,その第5集である。 第4集では「朝の会」や「帰りの会」といった一見授業に関わりのなさそうに見える内容やモジュール学習も取り上げた。第5集はさらに目次をカテゴリーで分け,小道徳,英語の事例も取り入れた。東研・特別課題シリーズ68(No.296)東京教育研究所

    東京教育研究所

  10. 10 小学校英語(平成30・31[2018・2019]年度用)
    『Let's Try!』指導案
    (15時間対応)
    2018年2月23日 お気に入りに追加
    • 指導案 
    • 小
    • 英語 

     平成30年度から,文部科学省が発行する外国語活動用教材『Let’s Try!』が各学校に配布されます。平成30・31年度の学習指導要領の移行期に15時間で外国語活動を行う場合は,新課程への接続が円滑に行われるように配慮しながら,『Let’s Try!』の35時間分のカリキュラムの中から必要な部分を選択して指導を行う必要があります。
     本資料は『Let’s Try!』を15時間で使用するための指導案です。移行期におけるカリキュラムマネジメントの参考資料としてお役立ていただければ幸いです。

    東京書籍(株) 英語編集部