• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

資料室 高等学校 情報の広場

資料室 授業に役立つ資料

  • 1/23ページ
  • 222件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 Micro:bitを利用したオンラインでのプログラミング指導 ~Code School Finland のAIカリキュラムの実践研究~ 2021年6月16日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 情報 

    既に小学校でプログラミングが必修化され、2022年から高校でもプログラミングが必修となり、新たに情報Ⅱも設けられるが、使用する言語やコーディング環境など具体的な授業方法は示されていない。本校では、Code School Finlandのプログラミング教材を使った授業を通して、今求められるプログラミング教育の授業方法とシラバスを具体化する模索を行っている。その実践記録を本稿でご紹介したい。

    十文字中学・高等学校 黒田雅幸

  2. 2 JavaScript/Visual Basic 入門 2021年4月1日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 情報 

    本テキストは、筆者の前任校である北海道札幌英藍高等学校の2年次の選択科目「情報の科学」、3年次の選択科目「アルゴリズムとプログラム」の授業で実際に使用していたものを、合本形式にまとめたものです。2022年度からの新学習指導要領では情報Ⅰが必履修となり、高校ではプログラミング教育が必修化されます。より一層プログラミング指導の充実が求められている中、本テキストが先生方の指導の参考となれば幸いです。

    北海道恵庭北高等学校 梅田充

  3. 3 Visual Basic にゅうもん(仮) 3時間目「シューティングゲームっぽいものを作る」 2021年3月18日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 情報 

     今回の3時間目は、ちょっとしたゲーム(シューティングゲーム風)の作成をテーマに、簡単な画面の設定から始めて少しずつ改造していきながら、機能を増やしていくイメージで授業を展開していきます。実際には、本内容だけで3時間を費やしました。
     ステップ・バイ・ステップで、思い通りにプログラムが動くことを実際に確認しながらゲームを作成する経験をすることが、このあとの自由課題「オリジナルゲームの作成」につながっていきます。

    北海道恵庭北高等学校 梅田充

  4. 4 Visual Basic にゅうもん(仮) 2時間目「時間とともに動く」 2021年3月12日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 情報 

     今回の2時間目は、Visual Basicのプログラミングの核となる「イベントドリブン」について解説しており、1時間分を想定しています。
     なお、プログラミングに使用する素材(ニコニコマークの画像)はこちらで準備したものを使わせます。時間があれば、これらの素材を生徒に作らせても面白いかもしれません。

    北海道恵庭北高等学校 梅田充

  5. 5 Visual Basic にゅうもん(仮) 1時間目「Visual Basic ことはじめ」 2021年3月9日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 情報 

     これから掲載されるVisual Basicプログラミングに関するテキストは、筆者の前任校である北海道札幌英藍高等学校の3年次の選択科目、「アルゴリズムとプログラム」の授業で実際に使用していたものです。
     この科目では11月まで、教科書でも取り上げられている、表計算ソフトウェアExcelで利用できるプログラミング言語であるVisual Basic for Applicationでプログラミングの基礎を学び、その後Visual Basicで簡単なゲームソフトを作成する、という流れで授業を行っていました。
     今回の1時間目は、Visual Basicに関する導入編となっており、1時間分を想定しています。

    北海道恵庭北高等学校 梅田充

  6. 6 実践的なプログラミング教育 ~「情報Ⅰ」必修化を前に~ 2021年3月9日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 情報 

    2022年から実施の新高等学校学習指導要領では,「情報Ⅰ」が共通必修科目となり,「プログラミング教育」が必修化される。今後大学入学共通テストで「情報」を受験科目に加える案もあり,「情報Ⅰ」では、大学入試を見通したプログラミング授業が求められるだろう。本校では,既に「情報Ⅰ」必修化へ向けて、授業の中で実験的にプログラミングの授業を取り入れている。本稿では、その実践事例をご紹介したい。

    帝塚山中学校・高等学校 西川和宏

  7. 7 JavaScript で programming 第9章「あなたの〇〇を診断します」 2021年2月25日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 情報 

     今回の第9章が、いよいよJavaScript最後の単元となります。今回は、「診断メーカー」の解説に2時間、「自由課題」として、独自の診断メーカーの作成と鑑賞会に3時間程度を想定しています。
     最初の「入力」の項目では、文字コードの復習から入ります。文字コードから運命の数を導き出すことができれば、あとは第8章の「どうぶつうらない」と仕組みは同じです。
     「自由課題」では、「自由に作ってもいいよ」と言っても、結局は、sample9-1の問いと選択肢を書き換えただけのものを作る生徒が多いのも事実です。しかし、中には高度な診断メーカーを作る生徒もおり、なかなか楽しい授業になると思います。

    北海道恵庭北高等学校 梅田充

  8. 8 JavaScript で programming 第8章「どうぶつうらない」 2021年2月18日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 情報 

     今回の第8章では、昔流行った「どうぶつうらない」をもとにしたプログラムを扱い、2時間分を想定しています。
     しかし、昨今の生徒は「どうぶつうらない」と言ってもピンとこないようですので、授業の最初に「動物占い」のウェブサイトを見せるとよいかもしれません。
     とは言え、今回扱っている内容はごく単純なもので、生年月日の年と月と日の和を「運命の数」として、その運命の数を、用意した動物の数で割った余りで動物を確定するというものです。
     つくりが単純なだけに改造もしやすいらしく、本稿の《実習その1》はオプション課題であるにもかかわらず、多くの生徒が取り組み、楽しい「どうぶつうらない」が多数でき上がりました。

    北海道恵庭北高等学校 梅田充

  9. 9 JavaScript で programming 第7章「さまざまなフォームの部品」 2021年2月9日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 情報 

     今回の第7章では、さまざまなフォームの部品として「ラジオボタン」と「チェックボックス」について扱っており、2時間分を想定しています。しかし、筆者の実際の授業では、「ラジオボタン」のみを扱い、1時間で終わらせることが多かったです。
     時間があれば、余力のある生徒には「チェックボックス」だけでなく、「複数テキスト領域」や「リストボックス」などについて挑戦させてもよいかもしれません。

    北海道恵庭北高等学校 梅田充

  10. 10 JavaScript で programming 第6章「JavaScriptからformを制御する」 2021年2月5日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 情報 

     今回の第6章から、ホームページビルダーを使います。これにより、ボタン等の部品の配置や、イベントとアクションの紐づけが簡単にできるのですが、そのイメージをしっかり持ってもらうため、2時間分を想定しています。
     ここで生徒が陥りやすいミスは、「ボタンのイベントとアクションの紐づけをしない」です。テキストp.29の最後の7行は、マーカーで囲ませるなどして強調したほうがよいでしょう。
     生徒が陥りやすいもう一つのミスは、「フォームに名前をつけない」です。テキストp.31のサンプル6-1(改)の11行目で、「name="frm"」とフォームに名前をつけることも、是非強調しておきたいところです。

    北海道恵庭北高等学校 梅田充