• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

資料室 高等学校 地理の広場

資料室 授業に役立つ資料

  • 1/6ページ
  • 55件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 地理B授業の実践事例 2022年1月24日 お気に入りに追加
    • 指導資料 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    本校では、3年2学期まで地理Bを終わらせる授業計画となっている。また、本校の1時限の授業時間は45分で授業の効率化が必須である。一方、本校は「グローカル・・・・・リーダーの育成」を掲げ、ローカル・グローバル両面で活躍する人材の育成を図っている。この点から、本校の実践事例をご紹介したい。

    箕面自由学園高等学校 松尾淳一

  2. 2 授業で使えたこんなモノ(12)駅にある地図 2021年7月5日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    高校地理の授業を楽しくする「授業で使えたこんなモノ」シリーズの第12回。学校の最寄り駅に見られる地図をきっかけとして、私たちの生活に身近な存在である地図への認識を深めます。

    千葉県立成田国際高等学校 石毛一郎

  3. 3 授業で使えたこんなモノ(11)地球儀 2021年4月26日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    高校地理の授業を楽しくする「授業で使えたこんなモノ」シリーズの第11回。地球儀の作成を通して、平面地図とは異なる位置関係や距離、方位、対蹠点などを間近に捉え、地球のすがたに関する認識を深めます。

    千葉県立成田国際高等学校 石毛一郎

  4. 4 授業で使えたこんなモノ(10)誕生日 2021年2月22日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    高校地理の授業を楽しくする「授業で使えたこんなモノ」シリーズの第10回。「日本では何月生まれの人が一番多いか」という発問を端緒として、出生・人口構造と産業・社会構造の深い関係について学びます。

    千葉県立成田国際高等学校 石毛一郎

  5. 5 タブレット端末を用いた高等学校地理Bの授業の実践例 2021年2月18日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 ICT活用 

    本校は、「『自主・自律』の精神と幅広い『職業観』を養い、目的意識を持った進学の実現により、将来、実社会で活躍できる人材を育成する」という教育理念のもと、2017年度以降教員・生徒が一人1台タブレット端末を持つICT教育に注力している。タブレット端末は授業以外にも、各種連絡や資料等の配布など多くの場面で利用されている。本稿では、地理B授業でのタブレット端末利用の実践事例について考察したい。

    大阪府 常翔学園中学校・高等学校 中村彰

  6. 6 これからの‘高校社会科’を,
    先生方と考える機関誌。
    『NEW ShakaIka』第3号 2020年冬 号
    2020年12月9日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    「教育情報誌『NEW Shakalka』第3号の発刊に寄せて」

     高校の新教育課程の実施まで、残すところ1年余りとなりました。年明け早々に第1回となる大学入学共通テストの実施が予定されておりますが、つい先日には、新課程における同テストの教科・科目の検討案も報じられたところです。
     また現在はコロナ禍によって生活のあらゆる場面で新たなスタイルが求められており、学校教育は今まさに、様々な面で「歴史の転換点」を迎えていると言えます。
     今号の「教えて! シャカイカ先生」でも「18歳市民力」について言及しておりますが、これからの社会を担う高校生の充実した学びのために、私どもも教科書を通して少しでも寄与していきたく存じます。

    東京書籍(株) 社会編集部

  7. 7 授業で使えたこんなモノ(9)旅行パンフレット 2020年7月7日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    高校地理の授業を楽しくする「授業で使えたこんなモノ」シリーズの第9回。旅行パンフレットを使ったポスター作成を通して,世界地誌や観光業について学びます。

    千葉県立成田国際高等学校 石毛一郎

  8. 8 これからの‘高校社会科’を,
    先生方と考える機関誌。
    『NEW ShakaIka』第2号 2020年夏号
    2020年6月10日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    「教育情報誌『NEW Shakalka』第2号の発刊に寄せて」

    2022年度からの新課程実施に向けた取り組みがますます本格化するはずだった今年度ですが、新型コロナウイルス感染症の影響で全国的に臨時休校の措置が取られるなど、学校現場は未曾有の事態に追い込まれています。
    しかし歴史を紐解けば、人類はこれまでにも幾度となく同じような苦難と向き合い、その先に現在の社会を築いてきました。山積する課題に取り組むため、地理歴史科・公民科の学習は、今後さらに重要性を増していくに違いありません。
    新しいʻ社会科ʼの学びを、これからの時代を担う高校生たちとどのように展開していくか。今起きている事態を見つめつつ、共に考えていければと存じます。

    東京書籍(株) 社会編集部

  9. 9 授業で使えたこんなモノ(8)コー ヒー 2020年2月20日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    高校地理の授業を楽しくする「授業で使えたこんなモノ」シリーズの第8回。実際に教室でコーヒーの生豆から焙煎・粉砕し、淹れたてのコーヒーの香ばしい香りに包まれながら、プランテーション農業について学びます。

    千葉県立成田国際高等学校 石毛一郎

  10. 10 これからの‘高校社会科’を,
    先生方と考える機関誌。
    『NEW ShakaIka』創刊号 2019冬号
    2019年12月1日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    「教育情報誌『NEW Shakalka』の発刊に寄せて」

    2022年度から実施される新学習指導要領下で,三つの必履修科目が新設される地理歴史科・公民科は,今まさに大きな変革に直面していると言えます。
    科目構成の再編だけでなく,学習と指導の方法という中身の部分においても,「主体的・ 対話的で深い学び」の実現など,大きな転換が求められます。
    この新しい冊子は,新課程に関する情報を「短く」「見やすく」「読みやすく」お伝えし,先生方の日々のお授業と数年先に向けたご準備に資することを目指して編集いたしました。
    高校生たちの数年先数十年先の人生の実りを願いつつ,これからの地理歴史科・公民科のあり方を,共に考えていければと存じます。

    東京書籍(株) 社会編集部