• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

資料室 中学校 英語の広場

資料室 授業に役立つ資料

  • 1/46ページ
  • 454件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 21世紀型人材育成とプロジェクト型学習 2020年8月31日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 中
    • 英語 

    4月以降,新型コロナウイルスの感染拡大により,ほとんどの大学で遠隔授業への切り替えをせざるを得なかったのではないかと思います。ポスト・コロナ時代には,今まで経験したことのない変化に対応する能力が必要となるのは明らかです。今回は,未知の問題を解決する能力を習得するため考え出され,海外で既に行われているプロジェクト型学習(Project-Based Learning: PBL)について考えてみます。

    山口大学教授 高橋俊章

  2. 2 クラスの規則を英語にしたら? 2020年7月27日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 中
    • 英語 

    半年ほど前に教室のスローガン(標語)をこのコラムで紹介したところ,もっと紹介してくれないかとの要望が知人から寄せられた。残念ながら,クラスを鼓舞するスローガンはもう手元にない。その代替として,クラスの注意事項といったものを5つ紹介したい。

    元愛知教育大学教授 杉浦正好

  3. 3 新学習指導要領で目指す英語の力とタスクとの関係 2020年6月30日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 中
    • 英語 

    新学習指導要領でどのような能力が求められるようになるのか,具体的には,評価に関する3つの観点や指導と評価の一体化について,中学校の先生から質問を受けることがあります。今回は,新学習指導要領で強調され,求められている言語活動を踏まえながら,英語力の評価のあり方について考えてみます。

    山口大学教授 高橋俊章

  4. 4 Deck ChairsとMemorial Benchesに戸惑う 2020年5月22日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 中
    • 英語 

    国語辞書で「椅子」と引くと「腰掛け」とある。また「腰掛け」を引くと「椅子」とあり,ほぼ同じものを指す。しかし,英語となると一筋縄ではいかない。「椅子・腰掛けの文化」で象徴されるように,欧米には「椅子・腰掛け」を表す多様な言語がある。

    元愛知教育大学教授 杉浦正好

  5. 5 英語で「運動会」は? 2020年2月27日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 中
    • 英語 

    日本独特の行事を英語で表現するのに戸惑うことがある。和英辞典にはいくつかの訳例が載っていたり,長々と説明されていたりする。「運動会」もその1つである。

    愛知学院大学教授 杉浦正好

  6. 6 意外に知らない英語と日本語の感覚のずれ 2020年2月27日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 中
    • 英語 

     英語と日本語の感覚のずれでよく知られているのは,egg と an egg の違いです。例えば,She has egg on her cheek. と She has an egg on her cheek. では大きく意味が違ってきます。

    山口大学教授 高橋俊章

  7. 7 [小学校英語]令和2年度版 NEW HORIZON Elementary
    4線シート,4線付フォント(サンプル版)データ
    2020年2月1日 お気に入りに追加
    • その他 
    • 小中
    • 英語 

    東京書籍の小学校外国語科用教科書『NEW HORIZON Elementary』では,新たに開発した特別支援対応の書体とそれに合わせた4線が使用されています。そちらの4線を使用したシートと書体のサンプル版のデータをご用意しました。中学校のご指導でも,ご参考にしていただければ幸いです。

    東京書籍(株) 英語編集部

  8. 8 教室にも英語のスローガン(標語)を 2019年12月18日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 中
    • 英語 

    ラグビーワールドカップが成功裏に終わった。豊田スタジアムがある豊田市近辺は草の根の国際交流が一段と盛り上がりを見せた。日本開催が決まった時,時期尚早ではないかと危惧した人が多かったが全くの杞憂であった。

    愛知学院大学教授 杉浦正好

  9. 9 授業の「目当て」の大切さを頭では知ってはいても,実感はできていないかも 2019年12月18日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 中
    • 英語 

    授業の初めに「目当て」(到達目標)を黒板に書くことは一般的だと思います。実際に多くの先生はそうするのですが,時々授業の途中で思い出し,慌てて目当てを黒板に書く先生の姿を目にすることもあります。

    山口大学教授 高橋俊章

  10. 10 Thank you. だけでもよいけれど…… 2019年10月23日 お気に入りに追加
    • エッセイ 
    • 中
    • 英語 

    最近では多くの市町村が各学校にALT(外国人助手)を配置するようにしている。その中には日本語を理解する人も増えてはいるが,コミュニケーションの手段は英語が圧倒的に多いと思われる。

    愛知学院大学教授 杉浦正好