• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

資料室 中学校 英語の広場

資料室 授業に役立つ資料

  • 1/30ページ
  • 291件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 聴覚障がい児支援のためのルビふり教材~聴覚障がい児への新たな指導方法の創造を目指して~ 2022年4月28日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 英語 

    本校に通う生徒は全員、聴覚障がいのある子どもたちです。聞こえの状態は生徒によってさまざまではあるものの、英語の学習で必要不可欠である「音声」を十分に用いた学習には、大きなハードルがあります。ろう学校で授業を担当して4年目のある日、中学部3年生の女子生徒からこんな言葉を言われました。「先生、英語が楽しいです。ALTなどと英語で話をするのが大好きです」この生徒は、英語が特別得意なわけではないのですが、“I like English.” “My favorite color is pink.”などの1文程度の簡単な英語で、懸命に、そして楽しそうにコミュニケーションを図ろうという姿勢を授業の中で見せています。全国の聴覚障がい児の中には、聞こえに関して英語学習への大きなハードルがある中で、彼女のように、一生懸命ひたむきに学習に取り組む生徒が多くいると思います。彼らが、今後、より英語の学習に取り組みやすくなるためには、「音声」に代わる教材が必要不可欠であり、それが私たちが作成している「ルビふり教材」です。この教材があることにより、授業の中での使用はもちろん、生徒の自主学習にも役に立つものであり、生徒・教師の双方にとって、メリットの大きいものであると思います。今回は、この教材とその使用方法について、御紹介します。

    福井県立ろう学校教諭 羽柴直弘

  2. 2 ディスカッション・ディベートに向けての指導 2022年3月16日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 英語 

    基本文や教科書を覚えることが「基礎」で、それらを使用することが「発展」なのでしょうか? 私はそうは思いません。コミュニケーションには必ず「目的」があり、それを達成するための「手段」として自己表現をし、自分の考えをできる限り的確に伝える「方法」が文法や語彙であると思います。「生徒の可能性の芽」を枯らさないためにも生徒に自己表現をさせ続けています。当然、言えないことやミスもたくさんありますが、それらを一つ一つ乗り越え、改善していく中で生徒たちは「自分の考えを自分の言葉で表現する」ことに慣れ、最終的に自己表現をできるようになっていきました。

    神奈川県横須賀市立池上中学校教諭 嘉山透

  3. 3 東京書籍 × NHK英語講座講師陣リレー連載 2022年2月18日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 英語 

    (シリーズ連載)教科書執筆関係者が、英語教育への想いを語ります。

    NEW HORIZON 編集代表 阿野幸一

  4. 4 関係代名詞の導入から練習まで 偉人カルタで歴史と英語を同時に学ぶ 2022年2月10日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 英語 

    Unit 5に登場する人を詳しく見てみると「国枝慎吾」や「松尾芭蕉」「ガンディー」などの有名人や偉人たちです。また、Unit 5自体も「マハトマ・ガンディーの伝記」です。このことから、関係代名詞の導入自体も「歴史」というテーマに設定するのはいかがでしょうか。例えば「世界や日本の偉人たちについて英語で表現できるようになる」という「本時の目標」を決め、これをゴールとし、逆算して授業をデザインしていきます。次にどのように導入すれば生徒たちが興味を持ってくれるかを考えます。Kunieda Shingo is an athlete who won world championships. と板書をし、文構造や意味の「説明」から授業を始めたら、きっと生徒たちの興味は無くなってしまいます。説明は最小限にとどめ、生徒たちの興味関心を保ったまま、関係代名詞の導入から練習活動までを提案したいと思います。

    神奈川県横須賀市立池上中学校教諭 嘉山透

  5. 5 デジタル教科書のトラブルと向き合う 2021年12月21日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 英語 

    本校は、文科省の実証事業で学習者用デジタル教科書・教材を導入し、手探りながら実践を積み重ねてきました。この連載で、日常のデジタル教科書のトラブルを紹介しつつ、それに教員がどう向き合ってきたかをお伝えしていきます。

    香川県さぬき市立さぬき南中学校 英語科

  6. 6 教科書を楽しむ!英語を楽しむ! 2021年12月1日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 英語 

    新学習指導要領施行,評価の在り方,GIGAスクール構想,教科書改訂と,一挙に多くのことが変わってしまった4月。私自身は定期人事異動により新しい学校へ。あまりにも多くの慣れないことが押し寄せてきて,正直,戸惑いしかありませんでした。教科書を開けてみると,平成28年度版までとは勝手が違い,どう教えていけばよいのかさえ見当がつかず,日々の業務に圧倒される中,教材研究もままならず,毎日反省の連続。学習指導要領も評価の仕方も昨年度までに研修を積んでいるにもかかわらず,わからないことが多く,学習指導要領解説や評価に関する資料の同じページを何度も何度も読み返しました。そんな私がこのようなエッセイを書くのは本当に恥ずかしいのですが,4月から4か月ほど行った授業での令和3年度版NEW HORIZON English Courseの活用方法について少しお伝えしたいと思います。

    鹿児島県薩摩川内市立入来中学校教諭 古田紗智子

  7. 7 小中接続,中高接続の視点で 新教科書を活用しよう!~生徒実態からスタート,楽しく学習させる工夫を通して~ 2021年11月25日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 英語 

    小学校での英語教科化1年目を終えて入学してきた中学1年生と共に学ぶ1学期でした。Unit 0~Unit 5を終えるというタスクに取り組み,何とか終了しました。それにしても教師生活40年目にして初めて,中学1年生の教科書内容の変化にビックリ!もちろん,教科として教科書を用いて小学校5,6年生でフルに英語の授業を受けたことを前提に作成された教科書であり,Unit 0~Unit 5は小学校英語の復習,ということは理解していたのですが,生徒の様子を観察すると多くの課題が見えてきました。まずは,生徒が文字を「読むこと,書くこと」のハードルの高さです。クラスルームイングリッシュへの反応やペア活動には慣れており,一見,英語が使えている!と感心するのですが,文字を読むことや書くこと(特に正しく書くこと)には十分に慣れておらず,さらに,英語を使って会話はできるのに単語が覚えられない,書けないことから英語への自信と興味を失い始める生徒も出てきました。そこで,入門期の文字指導で大切なことを考えてみます。

    山口県下関市立長成中学校 安海和枝

  8. 8 英語の授業への提言 2021年11月15日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 中
    • 英語 

    すべての教科の中で英語教育は最も混乱している。アジア諸国の英語教育はすべて混乱し混迷していると言ってよい。世界33か国500校以上の学校を訪問し,英語教育を多数参観してきた実感である。最初に日本人が英語を学ぶ困難がどこにあるか,考えておこう。まず発音である。日本語の音韻数は100以下で世界の言語の中でポリネシア語についで少ない。英語の音韻数は1,000以上(中国語は2,000以上)である。音を峻別する感覚のチャンネルが10倍違っている。日本人がリスニングを苦手にしているのは当然である。もう一つの違いは表現の違いである。I am a cat.を日本語で表すと100通り以上の表現が可能だろう(漱石はすごい)。英語は文法が最も単純な言語であるのに対して,日本語は表現が最も複雑な言語である。英語による表現が単純なのではない。英語の表現の複雑さは,言葉のニュアンスと文体と文脈によって表されている。英語の学びは,言葉と文体のニュアンスを文脈において理解し,的確な言葉と文体で文脈を構成して表現する学びなのである。

    東京大学名誉教授 佐藤学

  9. 9 教科書の内容はこんなにおもろいんか!~より創造的活動で,忘れられない題材にするために~ 2021年11月15日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 英語 

    3年生Let’s Read 1 ~A Mother’s Lullaby~は教科書3ページ(278語)で書かれた物語です。ストーリースライドを用いて,やり取り(Oral Interaction)で深い学びにつなげる実践例を紹介します。

    滋賀県湖南市立甲西北中学校 山口 朋久

  10. 10 How to enjoy NEW HORIZON 2021年11月8日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 中
    • 英語 

    周囲の先生方からは,新しい教科書で指導する事への戸惑いや不安の声がよく聞かれます。しかし,私は根が脳天気なので,「逆にこれだけみんなが不安に思っているなら,私が今年多少失敗しても目立たないだろう」という精神でいます。そして実際,半年間指導してみて,生徒もそれなりに楽しみながら力をつけてきている実感があります。この「楽しみながら」が英語を指導する上でのキーワードかなと私は勝手に思っているのですが,もしも不安だったり自信がなかったりしたら,先生も教わる生徒も楽しむ事なんてできないですよね。ということで,全く参考になるとは思えないですが私のこの新教科書の楽しみ方3選をご紹介します!

    郡山市立郡山第二中学校教諭 村上翠