生活科を核とした資質・能力の円滑な接続を目指して -合科的・関連的な指導と中学年の学習を通して-(特別課題シリーズ80)

お気に入りに追加 印刷

実践事例  小 生活総合的な学習

公開日:2019年3月27日

資料ファイル

研究の2年目である今年度の研究は,生活科を核としながら幼児教育から3年生の総合的な学習までを見通した資質・能力の円滑な接続を図るために,『具体的な資質・能力』を明らかにすることを手立てとして研究を進めてきた。このことにより,現場における「どのような手だてを講ずることが新学習指導要領が期待する生活科と総合的な学習の時間で培われる資質や能力の育成につながるのだろうか」「教師は,子供の資質・能力の育ちをどのように見取り支援に生かせばよいのだろうか」という疑問に応えられるような,日頃の指導に役立つ実践的な研究に努めた。(東研研究報告書No.310)

東京教育研究所

閉じる