てくてく えいごりら ~全国の授業見学レポート~

えいごりらが全国の学校を訪問し,
授業の様子や取り組みをレポートします!

第22回 第23回  

第23回 2019年6月21日 
宮城県大崎市立古川第五小学校

みなさん,こんにちは。えいごりらです。
今日は宮城県大崎市の古川第五小学校にやってきました。

大崎市は宮城県の北西部に位置します。平成18年に旧古川市をはじめとする1市6町が合併して発足した新しい市で,人口は約13万人。米作りをはじめとする農業が盛んで「持続可能な水田農業を支える『大崎耕土』の伝統的水管理システム」が世界農業遺産に認定されている他,鳴子温泉郷などの観光資源にも恵まれています。

今日訪れた古川第五小学校は,旧古川市の中心部に位置します。本年度で開校23年目。周囲の宅地化が進み,現在の児童数は906名(平成31年4月1日現在)で,県内・市内でも有数の大規模校です。

「進んでかかわり合い,生き生きと活動する児童の育成〜学びの連続性を考えた外国語活動の授業づくりを通して〜」をテーマに,小中連携の英語教育推進事業の研究指定をうけ,職員一丸となって研究に取り組んでいます。

校内には,たくさんの英語の掲示物が廊下や教室,階段などに貼られています。校内の掲示物は全て「環境構成部」が担当しており,児童の興味・関心を惹く掲示物をその都度作成・変更しているそうです。

桜の花には,“Cheer up!”“You can do it!”などの言葉が書かれています。桜の花をめくると,下に書かれた日本語の意味が確認できます。こういう言葉を日頃のコミュニケーションで使えると良いですね!

さて,今日は5年生の授業を見せていただきます。児童数は36名。明るく,素直で何にでも興味・関心を示し意欲的なクラスです。

4年時は15時間の外国語活動に取り組みました。児童同士で積極的にコミュニケーションを取ったり,活動したりすることが多く,英語にもすでに耳慣れしているのだそうです。

T1の堀切恵美子先生は,中学校英語教員を経て,古川五小に勤務して7年目。県の小学校英語教育推進委員,大崎市外国語科検討委員を務めています。

「教科化のスムーズなスタートを切れるよう,大崎市の小学校英語教育をより一層充実させていきたい」との思いから,日々奮闘しています。

ALTのMatthew Shadinger先生はアメリカ・ラスベガス州の出身です。日本に来て3年目。定期的に日本語学校に通う研究熱心な先生です。

以前はIT関係の会社員だったとのこと。イラストが得意で,校内掲示板等も作成しています。児童が英語を使ってコミュニケーションできるようになることにやりがいを感じているのだそうです。

今日は『We Can! 1』Unit 1 Hello, everyone.の授業を行います。挨拶をして授業がはじまると,ウォームアップとしてアルファベットに慣れ親しむための活動を行います。

先生がジェスチャーで示した文字を見て,手元のワークシートに書かれたアルファベットを指さします。

What’s this?

Fだ!

児童はすでにアルファベットに慣れ親しんでいる様子。

二人一組で,楽しそうに取り組みます。

続いて,5月の連休中の出来事について,Small Talkを行います。まずは堀切先生とマシュー先生が,連休の過ごし方について簡単にやり取りします。

マシュー先生: I went to Shiroishi.
堀切先生: I want kokeshi.
文法の難しさにとらわれずに行えるのは小学校英語ならではですね! 児童は知っている単語や先生のジェスチャーなどをもとに,おおよその意味を理解しようとします。

続いて,本時のめあて「好きなものや欲しいものについて,聞いたり話したりしよう」を確認した後,『We Can! 1』Unit 1のLet’s Listen 1の活動を行います。

まずは誌面のイラストや文字を使って,登場人物の名前やそのつづりを確認します。また,スポーツ名,果物の名前など,カタカナ英語として浸透していそうな単語を中心に,児童から引き出して行きます。

確認が終わったら,デジタル教材を使って登場人物の自己紹介を聞きます。みんなで登場人物の名前や好きなもの・嫌いなものなどを聞き取り,紙面のイラストを線で結びます。

今聞いた音声を参考に,児童同士でも自己紹介の活動にチャレンジ!

名札を使って名前のつづりを伝えたり,好きなものを伝えたりします。実際に体験すると,音声の内容に対する理解も深まりますね。

続いて,誌面のLet’s Play 1の活動を行います。先生の好きなものを予想して尋ね,正解を表に書く活動です。“What color do you like?”などと,ALTのマシュー先生の好きな色や食べ物,スポーツ,TV番組などを尋ねます。

“What food do you like?”“I like hotdogs.”
マシュー先生の好きなものを予想したり,正解を知ったりすることができて児童はとても嬉しそう! 身近な人の意外な一面を知れることは,外国語の授業の大きな楽しみの一つです。

最後にふり返りを行って,今日の授業はおしまい!
まだ3回目の英語の授業でしたが,皆積極的に活動に取り組んでいましたね。Good job!

授業後,校長の岡文先生にお話を伺いました。古川第五小学校は外国語活動の研究に取り組んで3年目を迎え,職員全員の研修意欲が高いそうです。堀切先生とALTのコンビネーションが良く,学級担任のサポートもしっかりしているそうです。

また中学校との連携も密に行える環境があるため,それを生かしていきたいと考えているとのこと。教科化後の外国語授業をどう展開していくか考えながら,『Let’s Try!』『We Can!』の活用を進めていきたいと語ってくださいました。

今回のレポートはこれでおしまい!
次回もお楽しみに!

(取材日:2019年5月9日)

第22回 第23回  

これまでのレポート

第23回 2019年6月21日
宮城県大崎市立古川第五小学校

第22回 2019年5月31日
秋田県大館市教育委員会
大館市立上川沿小学校

第21回 2019年5月24日
山形県川西町立小松小学校

第20回 2019年5月17日
福島県白河市立みさか小学校

第19回 2019年5月10日
大阪府高槻市立大冠小学校

第18回 2019年4月26日
宮城県利府町立青山小学校

第17回 2019年4月19日
静岡大学教育学部附属浜松小学校

第16回 2019年4月12日
広島県海田町立海田小学校

第15回 2019年3月29日
宮城県七ヶ浜町立亦楽小学校

第14回 2019年3月22日
山形県庄内町立余目第四小学校

第13回 2019年3月15日
岡山県岡山市立石井小学校

第12回 2019年3月1日
鹿児島県薩摩川内市立平佐西小学校:後編

第11回 2019年2月22日
鹿児島県薩摩川内市立平佐西小学校:前編

第10回 2019年2月15日
茨城県守谷市立守谷小学校

第9回 2019年2月8日
三重県松阪市立香肌小学校

第8回 2019年2月1日
青森県つがる市立向陽小学校

第7回 2019年1月25日
北海道旭川市立富沢小学校

第6回 2019年1月17日
高知県高知市立春野東小学校

第5回 2019年1月11日
島根県松江市立義務教育学校八束学園

第4回 2018年12月28日
千葉県我孫子市湖北地区公民館

第3回 2018年12月21日
千葉県富津市立大貫小学校

第2回 2018年12月13日
東京都港区立笄小学校

第1回 2018年12月12日
東京都文京区立誠之小学校

ページを閉じる

ページの先頭へ