言葉の学びを通じて培う日本の心

新しい国語

優れた言語文化を味わう

「新しい国語」は,我が国や郷土が育んできた伝統や文化を,さまざまな形で教材化しました。言葉の学びを通して,豊かな日本語の使い手としての言語感覚や,伝統や文化の継承と発展を担う創造的な感性を培います。

代表的な古典作品,神話や伝承,ことわざ・慣用句,名言・名句などを取り上げた「日本の言の葉」(1~6年),四季折々の自然や風土,行事や慣習に関わる言葉や詩歌を集めた「日本語のしらべ」(2~6年)など,豊かな日本語を味わう教材を随所に設けました。情緒あふれる写真や絵図を用いた紙面で,日本人が伝統的に受け継いできた自然観や美意識を表現しました。

伝統や文化に向き合う

和菓子や和筆などの和の文化を題材にした「和の文化について調べよう」(5年),国や地域で人々が受け継いできたさまざまな伝統芸能を取り上げた「日本の伝統芸能」(6年)など,我が国や郷土の伝統や文化への理解と愛着を深める教材を多数設けました。

▲日本の伝統芸能(6年 p.265)
ページトップへ
ユニバーサルデザイン
教育課題への取り組み
東京書籍の教科書づくり

マウスアイコン

マウス操作により紙面の拡大や解説が表示されます

日本語