自然を知り,自然とともに生きる

新しい理科

自ら考え,行動する

「新しい理科」では,自然に対して畏敬の念を抱き,生命を尊び,自然を愛する心情を育成します。

東日本大震災によって,日本は大きな被害を受けました。理科では,地震や火山の噴火など,自然災害について学習します。今回の改訂では,自然の脅威にふれ,また,過去の教訓や地域の取り組みなどを理解することを通して,防災・減災について自ら考えさせるようにしました。

また,6年間の学習の締めくくりとして,環境保全に寄与し,持続可能な社会の構築のため,自分たちにできることを「行動宣言書」としてまとめる活動を取り上げました。

ページトップへ
自然