• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

新着資料

  • 1/18ページ
  • 172件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 これからの‘高校社会科’を,
    先生方と考える機関誌。
    『NEW ShakaIka』第2号 2020年夏号
    2020年6月10日 お気に入りに追加
    • 指導資料 教育情報 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    「教育情報誌『NEW Shakalka』第2号の発刊に寄せて」 2022年度からの新課程実施に向けた取り組みがますます本格化するはずだった今年度ですが、新型コロナウイルス感染症の影響で全国的に臨時休校の措置が取られるなど、学校現場は未曾有の事態に追い込まれています。 しかし歴史を紐解けば、人類はこれまでにも幾度となく同じような苦難と向き合い、その先に現在の社会を築いてきました。山積する課題に取り組むため、地理歴史科・公民科の学習は、今後さらに重要性を増していくに違いありません。 新しいʻ社会科ʼの学びを、これからの時代を担う高校生たちとどのように展開していくか。今起きている事態を見つめつつ、共に考えていければと存じます。

    東京書籍(株) 社会編集部

  2. 2 対話的な合意形成の在り方を考える「倫理」の授業実践
    ~部活動のルールの構想を通じて~
    2020年4月6日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    これまで「倫理」の教員として、新科目「公共」とどのように向き合うかを考察してきた。新学習指導要領の「公共」の目標にある、「公共的な空間」や「合意形成」といった概念は、これまで多くの先哲が思索を深めてきたものである。そこで、「倫理」において「政治」や「合意形成」をキーワードに単元を構想し、「公共」的な学習を構築してみた。

    東京都立駒場高等学校 外側 淳久

  3. 3 これからの‘高校社会科’を,
    先生方と考える機関誌。
    『NEW ShakaIka』創刊号 2019冬号
    2019年12月1日 お気に入りに追加
    • 指導資料 教育情報 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    「教育情報誌『NEW Shakalka』の発刊に寄せて」 2022年度から実施される新学習指導要領下で,三つの必履修科目が新設される地理歴史科・公民科は,今まさに大きな変革に直面していると言えます。 科目構成の再編だけでなく,学習と指導の方法という中身の部分においても,「主体的・ 対話的で深い学び」の実現など,大きな転換が求められます。 この新しい冊子は,新課程に関する情報を「短く」「見やすく」「読みやすく」お伝えし,先生方の日々のお授業と数年先に向けたご準備に資することを目指して編集いたしました。 高校生たちの数年先数十年先の人生の実りを願いつつ,これからの地理歴史科・公民科のあり方を,共に考えていければと存じます。

    東京書籍(株) 社会編集部

  4. 4 平成30年改訂の高等学校学習指導要領に関するQ&A 2019年11月19日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 高
    • 国語 地歴・公民・地図 数学 理科 英語 音楽 美術 工芸 書道 家庭 保健体育 情報 ICT活用 学校経営 特別活動 学習評価 

    このQ&Aは,平成30年改訂の高等学校学習指導要領の趣旨を明確にするためのものです。各教科のほか、総則、特別活動に関することもあります。(「芸術」,「総合的な探究の時間」については準備中)

    文部科学省

  5. 5 「教科等の本質的な学びを踏まえたアクティブ・ラーニングの視点からの学習・指導方法の改善のための実践研究」研究発表(令和元年7月31日,8月5日) 2019年10月2日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高
    • 国語 書写 社会 地図 地理 歴史 公民 地歴・公民・地図 算数 数学 理科 英語 生活 書道 家庭 体育 保健 保健体育 技術・家庭 情報 道徳 総合的な学習 ICT活用 学校経営 学校連携 特別活動 学級経営 学習評価 言語活動 小中連携 

    令和元年7月31日(東京会場),8月5日(京都会場)に開催した「アクティブ・ラーニング&カリキュラム・マネジメントサミット2019」にて実施いたしました研究発表の資料を掲載いたします。

    文部科学省

  6. 6 ウポポイ(民族共生象徴空間)のご紹介 2019年7月25日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高
    • 社会 地理 歴史 公民 地歴・公民・地図 

    ウポポイは、アイヌ文化復興等のナショナルセンターです。ウポポイ(民族共生象徴空間)は、2020年4月24日、北海道白老町(しらおいちょう)ポロト湖畔に誕生するアイヌ文化復興・創造の拠点です。愛称「ウポポイ」は、アイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味します。ウポポイの主要施設として、国立アイヌ民族博物館 、国立民族共生公園、慰霊施設があります。

    内閣官房

  7. 7 副教材『私たちが拓く日本の未来』と教科書(政経311)を用いた「主権者教育」に関する指導資料(2019年改訂版) 2019年5月24日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    次回の国政選挙に向けて,「模擬選挙」を実施するための事前学習指導等を,副教材『私たちが拓く日本の未来』(総務省・文部科学省発行)と,教科書『政治・経済』(政経311,2019年度用)を使ってご指導いただくために作成した資料(改訂版)です。改訂版では,参議院の議員定数増を反映(【ワークシート③】)したり,「争点分析」について社会情勢をふまえた更新(【争点分析①-⑦】) をしたりしています。副教材『私たちが拓く日本の未来』/教科書『政治・経済』(政経311)を用いて,「模擬選挙」までの学習を学校・生徒等の実態に応じて軽重をつけてご指導できる内容で構成しています。資料の内容詳細は本資料の「表紙」(1ページ目)に示してあります。

    東京書籍株式会社(社会科編集部)

  8. 8 副教材『私たちが拓く日本の未来』と教科書(現社313)を用いた「主権者教育」に関する指導資料(2019年改訂版) 2019年5月24日 お気に入りに追加
    • 指導資料 
    • 高
    • 地歴・公民・地図 

    次回の国政選挙に向けて,「模擬選挙」を実施するための事前学習指導等を,副教材『私たちが拓く日本の未来』(総務省・文部科学省発行)と,教科書『現代社会』(現社313,2019年度用)を使ってご指導いただくために作成した資料(改訂版)です。改訂版では,参議院の議員定数増を反映(【ワークシート③】)したり,「争点分析」について社会情勢をふまえた更新(【争点分析①-⑦】) をしたりしています。副教材『私たちが拓く日本の未来』/教科書『現代社会』(現代社会313)を用いて,「模擬選挙」までの学習を学校・生徒等の実態に応じて軽重をつけてご指導できる内容で構成しています。資料の内容詳細は本資料の「表紙」(1ページ目)に示してあります。

    東京書籍株式会社(社会科編集部)

  9. 9 「アクティブ・ラーニングの視点に立った学習空間に関する調査研究」報告書 2019年4月9日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 小中高
    • 国語 書写 社会 地図 地理 歴史 公民 地歴・公民・地図 算数 数学 理科 英語 生活 図画工作 音楽 美術 工芸 書道 家庭 体育 保健 保健体育 技術・家庭 情報 道徳 総合的な学習 ICT活用 学校経営 特別支援教育 進路指導 学級経営 学習評価 言語活動 

    新学習指導要領が求める「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善に関連した優れた授業実践の取組が行われているが,そのような授業実践をよりよく行う上で,学校において学習空間(施設・学校用家具・設備等。以下同じ。)がどのように活用され,課題が生じているかは明らかにされていない。 このため,学習空間の活用状況や課題を明らかにすることが本報告書の目的である。

    国立教育政策研究所

  10. 10 大学入学共通テストの導入に向けた平成30年度(2018年度)試行調査(プレテスト)の結果報告及び地理歴史A科目の参考問題例について 2019年4月5日 お気に入りに追加
    • 文科省情報 
    • 高
    • 国語 地歴・公民・地図 数学 理科 英語 

     独立行政法人大学入試センターでは、試行調査(プレテスト)を全国の大学において、平成30年(2018年)11月10日(土)・11日(日)の日程で実施しました。  このたび、これらの結果について、また、地理歴史A科目の参考問題例について、お知らせします。

    大学入試センター