東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

資料室 小学校 理科の広場

資料室 授業に役立つ資料

  • 1/74ページ
  • 740件中
  • 1-10件 表示
  1. 1 プログラミングを手軽に ~MESHを用いたモノづくりで思考力を伸ばす~ 2019年6月19日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小
    • 理科 

    未来を担う子どもたちには、世界的な競争社会を生き抜くための「ICT力」を確実に身につけさせたいものです。そして、何よりも論理的に考えること(プログラミング的思考)の楽しさや面白さ、有用性をしっかりと伝えるとともに、日常生活の様々な場面でコンピュータが活用されていて、あらゆる仕事がICTと融合している事実に気づかせたいと思います。そこで、本稿では、MESH(ソニー株式会社製)を活用し、楽しみながらモノづくりを体験させ、プログラミングをより身近なものとして捉えさせる試みについて報告します。

    青森県 平川市立竹館小学校 神田昌彦

  2. 2 6年「大地のつくり」授業実践③ 山の上に、礫の層があるのはどうして? ―時間的長大さという視点から土地のつくりを捉える― 2019年4月17日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小
    • 理科 

    6年「大地のつくり」山の上の方に礫の層があるのはどうして?単元の授業実践③を紹介する。

    富山大学人間発達科学部附属小学校 福田慎一郎

  3. 3 6年「大地のつくり」授業実践② 山の上に、礫の層があるのはどうして? ―時間的長大さという視点から土地のつくりを捉える― 2019年4月16日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小
    • 理科 

    6年「大地のつくり」山の上の方に礫の層があるのはどうして?単元の授業実践②を紹介する。

    富山大学人間発達科学部附属小学校 福田慎一郎

  4. 4 6年「大地のつくり」授業実践① 山の上に、礫の層があるのはどうして? ―時間的長大さという視点から土地のつくりを捉える― 2019年4月15日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小
    • 理科 

    6年「大地のつくり」山の上の方に礫の層があるのはどうして?単元の授業実践①を紹介する。

    富山大学人間発達科学部附属小学校 福田慎一郎

  5. 5 6年「大地のつくり」指導案③ 山の上の方に礫の層があるのはどうして? ―時間的長大さという視点から土地のつくりを捉える― 2019年4月4日 お気に入りに追加
    • 指導案 
    • 小
    • 理科 

    6年「大地のつくり」山の上の方に礫の層があるのはどうして?単元の指導案③を紹介する。

    富山大学人間発達科学部附属小学校 福田慎一郎

  6. 6 6年「大地のつくり」指導案② 山の上の方に礫の層があるのはどうして? ―時間的長大さという視点から土地のつくりを捉える― 2019年4月3日 お気に入りに追加
    • 指導案 
    • 小
    • 理科 

    6年「大地のつくり」山の上の方に礫の層があるのはどうして?単元の指導案②を紹介する。

    富山大学人間発達科学部附属小学校 福田慎一郎

  7. 7 6年「大地のつくり」指導案① 山の上の方に礫の層があるのはどうして? ―時間的長大さという視点から土地のつくりを捉える― 2019年4月2日 お気に入りに追加
    • 指導案 
    • 小
    • 理科 

    6年「大地のつくり」山の上の方に礫の層があるのはどうして?単元の指導案を紹介する。単元の目標は、土地のつくりや変化についての理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主により妥当な考えをつくり出す力や主体的に問題解決しようとする態度を育成することである。

    富山大学人間発達科学部附属小学校 福田慎一郎

  8. 8 プログラミング授業記録2 もっと電気を効率よく使うには?
    ~電気エネルギーの効果的な利用という視点から電気を捉える~
    2019年3月12日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小
    • 理科 

    理科の授業としてプログラミング教育を行うのであれば、理科の本質、理科のねらいに迫る授業であることが必要である。理科の問題解決学習のなかで、子供たちが見出した問題を解決するための手段(アルコールランプや顕微鏡といった実験器具と同じように)としてプログラミングがあることが大切である。次期学習指導要領では、本単元にプログラミング教育が位置付けられたことにより、本単元を通した学習問題を「電気エネルギーの効果的な利用」という視点で絞ることができ、今まで難しく感じていた「単元を通した学習問題」が設定しやすくなったのではないだろうか。前回に続き本校での実践を紹介する。

    富山大学人間発達科学部附属小学校 福田慎一郎

  9. 9 プログラミング授業記録1 もっと電気を効率よく使うには?
    ~電気エネルギーの効果的な利用という視点から電気を捉える~
    2019年3月11日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小
    • 理科 

    理科の授業としてプログラミング教育を行うのであれば、理科の本質、理科のねらいに迫る授業であることが必要である。理科の問題解決学習のなかで、子供たちが見出した問題を解決するための手段(アルコールランプや顕微鏡といった実験器具と同じように)としてプログラミングがあることが大切である。次期学習指導要領では、本単元にプログラミング教育が位置付けられたことにより、本単元を通した学習問題を「電気エネルギーの効果的な利用」という視点で絞ることができ、今まで難しく感じていた「単元を通した学習問題」が設定しやすくなったのではないだろうか。本校での実践を紹介する。

    富山大学人間発達科学部附属小学校 福田慎一郎

  10. 10 6年 水溶液の性質 実践記録③ アルミだけではなく、塩酸も変化をしているの? ―「粒子の結合」という視点で水溶液の性質を捉える― 2019年2月25日 お気に入りに追加
    • 実践事例 
    • 小
    • 理科 

    本稿は、「水溶液の性質」単元の実践記録の紹介その③である。

    富山大学人間発達科学部附属小学校 福田慎一郎