• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2022年8月5日

コロナ発生届を簡略化=医療・保健所の負担軽減―厚労省

 厚生労働省は4日、新型コロナウイルス感染者の発生届について、重症化リスクの低い患者を対象に氏名や連絡先など必要最小限の項目に絞り、簡略化すると発表した。感染者への聞き取りや入力作業に要する時間を減らし、医療機関や保健所の負担軽減を図る。
 厚労省によると、報告を求めないのはワクチン接種の回数や発症日、診断日などの項目。65歳以上など重症化リスクの高い患者については、これまで通りの記入を求める。
 後藤茂之厚労相は「事務負担を少なくするため最低限の削減を行った」と説明。その上で、全感染者の情報を集める「全数把握」の見直しについては「時期を見極め、専門家の意見も伺いながら判断していく」と慎重な姿勢を示した。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース