• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2022年7月1日

コロナ感染「全国で増加傾向」=夏休みで拡大懸念―厚労省助言組織

 新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」は6月30日、全国の感染状況が「上昇傾向に転じた」との見解を示した。今後は夏休みなどで感染者の増加が見込まれるとし、「医療提供体制への影響も含めて注視していく必要がある」と注意喚起した。
 大都市圏を中心とした29都府県で増加傾向にあるという。座長の脇田隆字・国立感染症研究所長は記者会見で、「下げ止まりから増加局面に入った」と指摘。より感染力が強いとされるオミクロン株の別系統「BA.5」の検出割合が東京都内で増えており、「置き換わりで増加が加速する可能性がある」と述べた。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース