• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2022年6月23日

教員採用試験、日程前倒しなど見直し=志願者増に効果―長野県教委

 長野県教育委員会は今年度、教員採用試験の1次2次選考の日程を前年度より1週間前倒しする。他自治体との併願を可能にし、より多くの志願者を確保する狙い。また、県外在住者の負担軽減に向け、高校の1次選考をこれまでの2日間から1日間に短縮した。
 小学校教員については、県内小中学校で学級担任経験がある講師を対象に1次選考免除の特別枠を新設。小中学校と特別支援学校を対象とする「大学推薦選考」の条件緩和なども行った。
 22年度採用の志願者は1953人で前年度の8割強にとどまったが、一連の見直しにより、23年度採用の志願者は2090人に増加した。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース