• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2022年6月23日

参院選公示、545人が立候補=7月10日投開票

 第26回参院選が22日公示され、7月10日の投開票に向け選挙区367人、比例代表178人の計545人が立候補を届け出た。選挙区74、比例代表50の計124議席に神奈川選挙区の欠員補充を加えた計125議席をめぐる争いで、となる。
 昨年10月に発足した岸田内閣の政権運営を問う選挙と位置付けられ、ロシアのウクライナ侵攻を受けた物価高への対応、安全保障政策の在り方が主要な争点。岸田文雄首相(自民党総裁)は政治の「安定」を訴え、立憲民主党の泉健太代表は「転換」を唱えた。
 参院議員の任期は6年で、3年ごとに半数を改選する。総定数は今回から3増えて248議席となる。改選過半数は63議席、非改選を含む参院全体の過半数は125議席。首相が勝敗ラインとして掲げる「非改選を含めて与党で過半数」は、与党が56議席以上獲得すれば非改選議席69と合わせて達成できる計算。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース