• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2022年5月13日

小中学校の欠席連絡をオンライン化=大阪府藤井寺市

 大阪府藤井寺市は4月から、市立の全小中学校と保育所、幼稚園に、子どもの欠席や遅刻を保護者のスマートフォンやパソコンから連絡できるシステムを本格導入した。情報通信技術(ICT)の活用で保護者の負担軽減や教職員の働き方改革につなげる。
 システムは放課後児童会にも導入。保護者は専用サイトや無料通信アプリ「LINE」の市公式アカウントから連絡できる。保護者が入力した情報は教職員の端末に即時に表示される仕組み。オンラインでの連絡は、欠席前日の夕方から当日の始業時間まで可能。それ以降は電話での連絡が必要となる。
 オンライン化で保護者からは「連絡しやすく、便利になった」などの声が寄せられ、教職員からも「朝の忙しい時間帯の電話対応が少なくなった」と好評だという。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース