• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2021年10月13日

オンライン授業参加「出席停止」見直しを=指定都市市長会が緊急提言

 指定都市市長会(会長・鈴木康友浜松市長)は12日、新型コロナウイルスの感染防止策として活用するオンライン授業について、緊急事態宣言などの発令中は「出席停止」とは異なる取り扱いを検討するよう求める緊急提言を文部科学省に提出した。オンライン授業に関する課題の検証も要請した。
 提言では、オンライン授業に参加した児童・生徒の出欠に関して「出席扱いとする地方自治体もあれば、国の通知に基づき出席停止扱いとする地方自治体もある」と指摘。保護者らから疑問や不満の声が寄せられていると訴えた。
 その上で国に対し、緊急事態宣言などの明確な基準が定められている期間は、感染防止のために行うオンライン授業に関して「一定の要件を示した上で、出席停止とは異なる取り扱いについて検討する」よう求めた。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース