• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2021年9月14日

コロナ、半数が後遺症=嗅覚障害や倦怠感目立つ―東京で大規模調査

 新型コロナウイルスに感染した人の約48%が嗅覚障害や倦怠(けんたい)感などの後遺症を訴えていることが11日、東京都世田谷区の調査で分かった。約3700人に対するアンケートの速報値で、特に30~50代の割合が高かった。無症状者や軽症者も含めた大規模調査は全国的にも珍しいとみられる。
 世田谷区は、4月15日時点で区保健所に提出された発生届を基に感染者約9000人にアンケートを依頼。回答した3710人のうち、「後遺症がある」と答えたのは1786人(48.1%)で、「ない」が1830人、無回答が94人だった。30~50代で「ある」が半数を超えた。10歳未満の14.3%が年代別で一番低かった。
 症状別(重複回答)では、嗅覚障害が最多の971件で、全身の倦怠感893件、味覚障害801件が続いた。集中力低下(433件)や脱毛(315件)に加え、発熱やめまいなどを含む「その他」も422件に上り、症状は多岐にわたった。10~30代では嗅覚障害の割合が高いが、40代以降では全身の倦怠感が高い傾向も見られた。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース