• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2021年7月21日

学校新築時に太陽光パネル=省エネ基準、25年度から義務化―国交省

 国土交通、経済産業、環境3省は20日、住宅や建築物の省エネ対策強化に関する検討会を開き、2025年度以降全ての新築住宅に省エネ基準適合を義務付けるなどとした行程表を示した。検討課題の一つとされた太陽光パネル設置については、一般住宅を含む一律義務化は見送るものの、国や自治体の庁舎、学校など公共建築物では新築時に原則設置する方針を示した。国交省は22年の通常国会に、建築物省エネ法改正案の提出を目指す。
 現行法は、延べ床面積300平方メートル以上の建築物について、空調や照明によるエネルギー消費量などに関する省エネ基準を満たすよう義務付けているが、住宅は対象外。政府が目指す50年の温室効果ガス排出実質ゼロに向け、住宅も25年度から義務付けの対象に加える。
 さらに基準自体の強化も目指す。30年度以降に新築される住宅は、現行基準からエネルギー消費量を2割削減したレベルに引き上げ。ビルなどの新築建築物も、用途別に現行から3割または4割の削減を義務付ける。
 省エネ性能の強化には断熱性の高い資材や高効率の空調機器などが必要になる。価格に反映される可能性もあるため、3省は施工業者や消費者に対する支援策を充実させる。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース