• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2021年5月13日

幼稚園児の一時預かり開始=福島市

 福島市は、幼稚園児の預かり保育を行う「幼稚園送迎ステーション」を設置した。保護者の就労時間と園児の登降園時間のミスマッチを解消する狙いがある。2021年度当初予算に1800万円を計上した。取り組みは東北では初めて。
 保育所敷地内に設置したステーションからの送迎は各幼稚園のバスで行う。幼稚園開園前は午前7時半~同9時、閉園後は午後5~7時にステーションに預けることができる。対象となるのは、地域型保育事業を利用し、3歳から私立幼稚園に転園した子ども。
 市によると、認可保育所、認定こども園などの保育施設に入所できない20年度の待機児童数は22人。ステーション設置により、就労時間を理由に幼稚園を利用できなかった家庭などの選択肢を広げ、待機児童解消を目指す。
 幼稚園・保育課の担当者は「幼稚園にはまだ余裕がある。受け入れ先がなくて苦労している人の一助になれば」と話す。
 1カ月の利用料金は、朝夕いずれかの利用が1000円、両方の利用は2000円。今年度は4世帯5人が利用する。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース