• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2021年5月11日

国立博物館など「休業を」=東京都が文化庁に申し入れ

 東京都は10日、東京国立博物館(台東区)や東京国立近代美術館(千代田区)など都内五つの国立の文化施設について、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の延長期間に入る12日以降も休業するよう文化庁に申し入れた。同庁は5施設を12日から再開させる予定で、宣言の措置をめぐり同庁の対応が都方針と食い違う格好となった。
 政府は宣言の延長期間中、床面積1000平方メートル超の大型施設について午後8時まで営業を認める方針を決定。一方で、各知事の判断で休業要請もできるとした。このため都は、博物館や美術館、百貨店などの大型施設に休業を要請していた。
 小池百合子知事名で文化庁の都倉俊一長官に宛てた申し入れ書では、措置決定後、同庁に繰り返し休業を要請してきたが、5施設は12日から再開し、特に東京国立近代美術館は16日までの間、夜間開館を行う方針であると指摘。休業継続を「改めて強く要請する」と明記している。 
◇「美術館、感染リスク低い」=萩生田文科相
 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が延長される12日以降に文化庁が東京都内の国立美術館や博物館を再開する方針について、萩生田光一文部科学相は11日の閣議後記者会見で「ほとんどの方が(声を出して)話さないので感染リスクは低く、再開を前提に準備してきた」と述べ、休業を要請している都に反論した。その上で、都と対応を協議する考えを示した。
 都と同じく大型施設に休業を要請している大阪府にある国立国際美術館(大阪市)は休業を継続する。これに関し文科相は「府からは早くから『全ての施設を閉鎖したい』と要請があったので対応した」と説明。都については「きのうの夜中に正式に要請があった」としつつ、「都が(文化施設を)閉めることで、より(感染防止の)効果が出ると判断するなら理解したい」とも語った。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース