• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2021年5月10日

大坂なおみ、日本初の最優秀選手=ローレウス・スポーツ賞

 世界のスポーツ界で活躍した個人や団体を表彰する「ローレウス・スポーツ賞」が6日に発表され、女子の年間最優秀選手賞に昨年の全米オープンテニスで2年ぶり2度目のシングルス優勝を遂げた大坂なおみ(日清食品)が選ばれた。男女を通じて最優秀選手賞は日本人初の快挙。
 大坂が全米オープンで、黒人犠牲者の名前が入ったマスクを着けて人種差別反対の意思を示した行動も評価された。大坂は2019年に、新星に贈られる「ブレークスルー賞」を受賞している。
 男子はテニスで四大大会最多タイの20勝目を挙げたラファエル・ナダル(スペイン)、団体ではサッカーの欧州チャンピオンズリーグ全勝優勝など6冠に輝いたバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が選ばれた。
 「カムバック賞」の候補に挙がっていたバドミントン男子の桃田賢斗(NTT東日本)は受賞を逃した。 

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース