• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2021年2月22日

大坂、2年ぶり2度目V=快勝で四大大会4勝目―全豪テニス

 テニスの全豪オープン第13日は20日、メルボルン・パークで行われ、女子シングルス決勝で第3シードの大坂なおみ(日清食品)が第22シードのジェニファー・ブレイディ(米国)に6―4、6―3で快勝し、2年ぶり2度目の優勝を果たした。23歳の大坂は2018年、20年の全米オープン制覇と合わせ、四大大会のシングルスで4勝目。18年全米以降、四大大会は4年連続制覇となった。優勝賞金は275万豪ドル(約2億3000万円)。
 世界ランキング24位のブレイディは四大大会初優勝を逃した。
 今大会は新型コロナウイルスの感染防止策として、選手らはオーストラリア入国後、約2週間の隔離を義務付けられるなど、対策を徹底して実施された。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース