• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2021年1月13日

「歴史ロゲイニング」開催へ=マラソン大会の代替―兵庫県姫路市

 兵庫県姫路市は、市内の歴史探訪とスポーツの要素を組み合わせた「姫路歴史ロゲイニング」を開催する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催中止を決定した「姫路城マラソン2021」の代替イベントの位置付け。歴史文化あふれる城下町を走ってみたいという、参加者の思いを尊重した。
 ロゲイニングとは、地図を基にチェックポイントを制限時間内にできるだけ多く回り、得点を競うスポーツ。今回のイベントではスマートフォンの専用アプリを活用する。
 戦国武将の黒田官兵衛や、姫路藩家老の河合寸翁ゆかりの地など、約50カ所のチェックポイントが設定されており、参加者は自ら好きなコースを選択する。新型コロナ予防対策を取りながら、健康的に姫路の歴史文化を楽しむことができるという。
 ロゲイニングは2月28日に開催。参加者は時間差で3回に分けてスタートし、密集を防ぐ。姫路城マラソン公式ホームページから申し込み、県外からの参加も可能。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース